スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 市政情報 > 職員採用 > 職員採用情報 > 先輩職員からのメッセージ > 競艇企業局施設課(試験職種:電気)

ここから本文です。

更新日:2016年7月22日

競艇企業局施設課(試験職種:電気)

電気

所属

競艇企業局施設課

出身地 大村市
採用年月日 平成19年4月1日

Q1.大村市を志望した理由

以前、他の自治体職員として働いていたことがあり、その際に市役所の業務に非常にやりがいを感じることができました。
そのなかで生まれ育った大村で同じような業務に携わりたいという気持ちが強くなり、大村市の採用試験を受験しました。

Q2.仕事の内容

1)担当業務の具体的な内容

電気主任技術者として、ボートレース大村における設備の日常管理、保守点検および改修工事の設計監理業務に従事しています。
業務の対象設備は、照明、空調設備といった一般設備から、大時計設備、映像放映設備などのボートレース特有の設備まで多岐に渡り、ほぼ1年365日、レースの開催(他場を含む。)および舟券の発売を行っているため、日頃から不具合の発生の予防保全および早期発見対応を心掛けています。

2)大村市職員として働くなかで感じたこと

入庁後、4年間は水道局に配属され、24時間稼働する水処理プラントの維持管理、設備の計画的な改修工事を行っていました。
その後、現在の競艇企業局に異動となりましたが、業務内容は全く異なり、電気の知識はもちろんのこと、職場に関する事項についての勉強も欠かせません。
業務が重なり苦労することもありますが、自分の知識・スキルの幅が広がることを実感できます。

Q3.自慢したい大村市の魅力

私が配属しているボートレース大村は、1952年に日本で初めてボートレースを開催した「ボートレース発祥の地」です。
平成27年3月には帆船をイメージした新スタンド棟がオープンし、場内にはフードコート、キッズルーム、レディース&カップル席などを設置しており、最高峰のSGレース開催時には全国各地からお客様が来場されます。
また、イベントホールでは、地域密着型のイベントを開催したりと、迫力あるボートレースを楽しめるだけでなく、老若男女を問わずさまざまなお客様が楽しめる施設となっています。

Q4.大村市職員を目指す人へのメッセージ

市役所の電気職員が従事する業務内容は、配属先により多種多様で、設計から工事監理、維持管理まで電気という専門知識を活かしながら、幅広い経験ができます。
その全ての業務に共通することは「大村市をよりよくするため」という一点です。
民間企業などで培った知識や経験を大村市のために活かしてみませんか。

よくある質問

お問い合わせ

総務部人事課人事管理グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:271)

ファクス番号:0957-52-2232