ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

療養費の支給

次のような理由で医療費の全額を支払ったときは、申請をもとに審査を行い、決定した額から自己負担相当額を差し引いた額が支給されます。

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 領収書(原本)
  • 世帯主および対象者のマイナンバー(個人番号)が確認できるもの
  • 世帯主の印かん
  • 世帯主名義の預金通帳
  • 国民健康保険療養費等支給申請書
  • さらに療養費の内容により、次のとおり別に書類が必要となります。
  書類
急病などで、やむを得ず医療機関に保険証の提示ができなかったとき 診療報酬明細書(レセプト)
医師が必要と認めたコルセットなどの治療装具を購入したとき 医師の証明書、領収の明細書
骨折、ねんざなどで柔道整復師の施術を受けたとき 医師の同意書、施術料金領収明細書
医師が必要と認めた、はり・きゅう・マッサージを受けたとき 医師の同意書、施術料金領収明細書
輸血のため生血代を負担したとき 医師の輸血証明書、生血代の証明書

申請期間は費用を支払った日の翌日から2年以内です。

よくある質問

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課国保医療グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:110)

ファクス番号:0957-53-5572