スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 市政情報 > 大村市議会 > 広報・情報公開 > 市民と議会のつどい

ここから本文です。

更新日:2017年10月6日

大村市議会

市民と議会のつどい

市民と議会のつどいの実施方法の変更について(平成29年10月~)

市民の皆様には、日頃より議会活動へのご支援、ご協力を賜り感謝申し上げます。

これまで大村市議会では、開かれた議会、身近な議会を目指して地域の皆様と「市民と議会のつどい」を年2回開催してきました。平成20年から始まりましたこの取り組みも9年が経過し、これまでの開催のあり方を検証し、更に発展させようと協議を重ねました結果、年2回の開催のうち1回はこれまでどおり地域の皆様と意見交換を行う場に、もう1回は市内の各団体と意見交換を行う場にすることといたします。

地域の皆様から寄せられるご意見・ご要望は大変貴重であり、議会としてこれからも真摯に受け止め対応してまいりますが、市内には多くの団体があり、団体の皆様も地域振興のため日々熱心に活動されています。そういう方々とも幅広くつながり、さまざまな立場からのご意見・ご要望をお聞きすることも議会の重要な役割の一つであり、議会活動の幅も広がるものと考えております。

議会としましては、より開かれた議会、より身近な議会となるよう、多くの市民の皆様と意見交換ができる「市民と議会のつどい」の開催を目指して、今後も検討を重ねてまいります。

今回の変更の趣旨をご理解いただき、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

市民と議会のつどいとは

議会での意思決定に関する説明責任を果たすとともに、市民との意見交換を行うため、市内8地区の地域の皆様及び市内各団体を対象に、市民と議会のつどい「語ってみゅーか」を開催しています。

ご参加された市民の皆様からいただいたご意見・ご要望は、各班で現地確認などの調査・研究を行い、重要な案件については、定例議会の市政一般質問等で取り上げるなど、大村市へ提言を行っています。

報告書

 

よくある質問