ホーム > よくある質問 > よくある質問:年金・保険 > 国民年金 > 退職して国民年金への加入手続きをし、同月中に就職した時の保険料はどうなりますか?

ここから本文です。

更新日:2019年1月1日

退職して国民年金への加入手続きをし、同月中に就職した時の保険料はどうなりますか?

質問

退職して国民年金への加入手続きをし、同月中に就職した時の保険料はどうなりますか?

回答

年金の取り扱いは月末の加入状況で変わります。
厚生年金に加入された月からは、国民年金保険料ではなく、厚生年金保険料をお支払いいただくことになります。
口座振替で国民年金保険料をお支払いされている場合は、厚生年金に加入された後も国民年金保険料が引き落とされてしまう可能性がありますので、口座振替を停止する手続きをお取りいただく方が確実です。
なお、国民年金保険料を納めすぎた分がありましたら、後日諫早年金事務所から国民年金保険料の還付の案内が届きます。それに従って手続きを行っていただければ国民年金保険料は戻ってきます。

[口座振替の停止手続きに必要なもの]
・用紙は各金融機関などに備えつけてありますが、事前に確認してください。
・年金手帳または基礎年金番号通知書
・本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)
・預貯金通帳
・金融機関の届出印

お問い合わせ

市民環境部市民課年金グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:113)

ファクス番号:0957-27-3322