ここから本文です。

更新日:2020年5月18日

マイナンバーの通知カードの廃止について

令和2年5月25日に通知カードが廃止されます。

通知カード

なお、廃止後も、お持ちの通知カードに最新の住所・氏名が記載されている場合には、引き続きマイナンバーを証明する書類として利用できます。

廃止後の通知カードの取り扱い

廃止後は、次の1、2の手続きができなくなりますので、ご注意ください。

1:通知カードの再交付申請

通知カード廃止後は、通知カードの再交付申請ができなくなります。

再交付が必要な人は、令和2年5月22日(金曜日)までに、市役所1階市民課マイナンバーカード窓口で通知カード再交付申請の手続きを行ってください。再交付には手数料500円および本人確認書類が必要です。

2:通知カードの表面記載事項変更

  • 通知カード廃止後は、通知カードの表面記載事項変更ができなくなります。

通知カードをマイナンバー(個人番号)を証明する書類として使用するためには、通知カードの表面記載事項(住所、氏名など)が住民票の記載内容と一致している必要があります。

一致していない場合はマイナンバーを証明する書類として使用できませんのでご注意ください。

変更が必要な場合は、通知カードの廃止までに市役所1階市民課マイナンバーカード窓口か、お近くの出張所で通知カード表面記載事項変更の手続きを行ってください。

通知カード廃止後にマイナンバーを証明する書類

廃止後、マイナンバーを証明する書類は、次のとおりです。

1:マイナンバーカード

マイナンバーカードは、初回交付に限り無料で作成することができます。ただし、出来上がりまでに約1カ月程度かかりますのでご注意ください。

マイナンバーカードの申請については、「マイナンバー(個人番号)カードについて」のページもご確認ください。

2:マイナンバーが記載された住民票または住民票記載事項証明書

市役所1階市民課窓口か、お近くの出張所でマイナンバーが記載された「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」をご請求ください。発行には、1通あたり手数料300円が必要です。

3:通知カード(住民票の記載事項と一致している場合に限る。)

通知カード廃止以降のマイナンバーの通知方法

出生や国外転入などで初めてマイナンバーが付番される人には、マイナンバーが記載された「個人番号通知書」が送付されます。ただし、この通知書はマイナンバーを証明する書類として使用できません。

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部市民課個人番号カードグループ

856-8686 長崎県大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:182)

ファクス番号:0957-27-3322