ホーム > よくある質問 > よくある質問:年金・保険 > 国民年金 > 外国に居住することになったのですが、国民年金に加入し続けるための手続きを教えてください。

ここから本文です。

更新日:2019年1月1日

外国に居住することになったのですが、国民年金に加入し続けるための手続きを教えてください。

質問

外国に居住することになったのですが、国民年金に加入し続けるための手続きを教えてください。

回答

日本国籍を持つ人が、長期間海外に住むような場合でも、将来年金が受けられるよう20歳以上65歳未満の間は、国民年金に任意に加入することができます。
任意加入を希望される場合は、国内の最終住民登録地の市町村の国民年金窓口で手続きをしていただきます。
なお、手続きは住民登録の国外転出届出後に行ってください。

[手続きに必要なもの]
・個人番号が確認できる書類(個人番号カード、通知カードなど)または基礎年金番号が確認できる書類(年金手帳、納付書など)
・本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)
・印かん
・国民年金保険料口座振替納付申出書
・国民年金被保険者関係届書(備考欄には、国内に、国民年金の手続きなどの協力をしていただける人がいる場合はその人の住所を、協力をしていただける人がいない場合はご本人がお住まいになる海外の住所を記入していただきます。)

お問い合わせ

市民環境部市民課年金グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:113)

ファクス番号:0957-27-3322