スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 健康づくり > ピンクリボン運動とは

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

ピンクリボン運動とは

ピンクリボンながさきシンボルマーク

乳がんの「早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを世界中の女性たちに伝える運動です

ピンクリボン運動の歴史

ピンクリボン運動は1980年代にアメリカで始まりました。

当時のアメリカでは、乳がんにかかる女性は8人に1人と多く、死亡率も高かったそうです。

そうした中、若くして亡くなった女性の母親が「乳がんで命を落とさないように」「同じ悲劇を繰り返したくない」そんな切実なメッセージを込めて残された家族とともに作った“ピンクリボン”

これが始まりと言われています。

日本でのピンクリボン運動は、2000年代に入ってから広まりました。

長崎県内でも、NPO法人ピンクリボンながさき(外部サイトへリンク)が中心となって活動されています。

よくある質問

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課健康づくりグループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:140)

ファクス番号:0957-53-5572