スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > くらしの情報 > 環境 > 公害 > 水質汚濁

ここから本文です。

更新日:2017年5月18日

水質汚濁

海域や河川の水質については、環境基本法による「環境基準(人の健康の保護及び生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準)」や、工場や事業所などの排水を規制するための水質汚濁防止法に基づく「排水基準」が定められています。

これらの水質汚濁に係る規制や監視の権限は県(保健所)にありますが、大村湾をはじめ河川、地下水などは市民生活にとって重要であり、大村市も県とともに主要河川の水質測定や大村湾をきれいにする活動などさまざまな取り組みを行っています。

建築協議書について

大村市内に工場や事業所を建築する場合や下水道処理区域外などに住宅などを建築する場合は、排水処理の方法について事前協議が必要ですので、「建築協議書」を環境保全課に提出してください。

詳しくは建築(変更)協議書等の各種様式(大村市ホームページ内)でご確認ください。

参考情報

環境省ホームページ内〔水環境関係〕

  1. 水質汚濁に係る環境基準
  2. 公共用水域の水質測定
  3. 水環境
  4. 排水規制(全国一律排水基準)
  5. 生活排水・湖沼環境対策
  6. その他国際関係等

環境省:水環境関係(外部サイトへリンク)

長崎県ホームページ内〔環境監視>水〕

  1. 大村湾および諫早湾干拓調整池の水質状況
  2. 地下水の状況
  3. 河川・海域の水質の状況
  4. 工場・事業場の排水対策及び監視状況
  5. 水質汚濁防止法の改正について
  6. ながさきの水質環境について

長崎県:環境監視:水(外部サイトへリンク)

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部環境保全課環境対策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 別館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:144)

ファクス番号:0957-54-0404