ここから本文です。

更新日:2021年2月25日

市庁舎建設

現庁舎(本館)は、昭和39年に建設され、既に50年以上が経過し、震度6強以上の地震で倒壊するおそれがあることや、庁舎の狭あい化、分散化による市民サービス機能の低下などの問題から、早期に建替える必要があります。

市民アンケート調査の結果について

現在の市庁舎の利用状況や建設候補地(案)に関する市民の皆さまのご意見をお聞きするため、アンケート調査を行いました。多くの人にご協力をいただき、ありがとうございました。集計結果をまとめましたので、お知らせします。

新庁舎建設に係る市民アンケート調査結果表(PDF:3,258KB)

調査概要

調査方法:郵送による調査

調査対象:大村市在住の18歳以上の市民

調査人数:6,765人(無作為抽出)

調査期間:令和3年2月1日(月曜日)から2月15日(月曜日)

回収結果:3,047人(回収率45.0パーセント)

今後のスケジュールについて

新庁舎建設事業については、現在、令和7年度に建設工事着工、令和9年度に供用開始を目指し、建設計画地の再検討などを実施しています。詳細なスケジュール(予定)については、次をご確認ください。

新庁舎建設スケジュール(PDF:119KB)

新庁舎建設に係る市民アンケート調査の実施について

大村市在住の18歳以上の市民6,765人を対象とした新庁舎建設に関するアンケート調査を実施します。本アンケートは、現在の市庁舎の利用状況や建設候補地(案)に関する市民の皆さまのご意見をお聞きし、建設候補地の選定や評価、基本計画の見直しなどの参考とさせていただきます。調査の趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

アンケート実施期間:令和3年2月1日から2月15日

(今回実施するアンケートの配布数は、地区ごとのご意見を把握したいため、統計学に基づき、地区ごとの必要サンプル数などから積み上げた数値(6,765)で実施することとしています。)

新庁舎建設候補地(案)について

平成30年7月に策定した新庁舎建設基本計画の考え方や人口・職員数などから、駐車場も含めた新庁舎の建設規模の想定を行いました。

その結果、想定した建設規模に必要な敷地面積は、おおむね13,000平方メートル以上(来庁者用、公用車用の駐車場面積を含む)となり、市内全域から、その想定建設規模の面積を有する市有地を選定し、その中から、建設候補地に適さない次の1から3までに該当する土地を除外しました。

1:人口集中地区の区域外の市有地

2:計画が明確なもの(今後の整備方針等が明確に示されている市有地)

3:供用開始から間もないもの(平成28年度以降に整備された市有地)

その結果、次の7か所を新庁舎の建設候補地(案)として選定しています。

A:大村公園の一部

B:森園公園

C:古賀島スポーツ広場

D:現庁舎周辺

E:市民プール、森園ファミリースポーツ広場

F:森園運動広場(消防学校グラウンドの一部)、森園ファミリースポーツ広場

G:上下水道局周辺

(面積の大きい順に掲載しています。)

今後、市民の皆さまからさまざまなご意見をいただき、令和4年度中に1か所の建設計画地を決定する予定です。

これまでの経過について

これまでの経過については、次のリンクページをご確認ください。

これまでの経過について

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

電話番号:0957-53-4111

総務部総務課新庁舎整備室
長崎県大村市玖島1丁目25番地(本館2階)
電話番号:0957-53-4111
メールアドレス:shinchosha@city.omura.nagasaki.jp