ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 支援・手続き > 大村市奨学金制度について

ここから本文です。

更新日:2022年9月20日

大村市奨学金制度について

大村市では、優秀な生徒であって経済的な理由により修学が困難な人に対して、修学の便宜を図り、教育の振興に寄与することを目的として、無利子の奨学金制度を設けています。

また、令和4年度から、学業に限らずスポーツや文化芸術に卓越した成果を挙げ、将来の活躍が期待できる大学生や、海外の大学または大学院に留学する学生を対象とした返還義務がない給付型の奨学金制度を設けています。

貸与型奨学金(返還の義務がある奨学金制度)

貸与型奨学金の在学募集は4月、次年度にかかる予約募集は10月から11月に実施します。

貸与資格(次のいずれにも該当する人)

  • 大村市民またはその子などであること。
  • 高等学校、高等専門学校、専修学校(高等課程および専門課程に限る)および大学(短期大学を含む)に在学中の人で、学業成績が良好なものであること。
  • 経済的な理由により、就学が困難と認められること。

貸与金額

高等学校、高等専門学校、専修学校(高等課程に限る):月額10,000円

大学、短期大学、専修学校(専門課程に限る):月額30,000円

出願手続き

次に掲載する願書などをダウンロードして記入の上、必要書類を添付し、指定の期日までに大村市教育委員会へ提出してください。また、願書などは市内各学校および大村市教育委員会でも配布しています。

募集期間(令和5年度予約募集):令和4年10月3日(月曜日)から令和4年11月30日(水曜日)(必着)

高校等

大学等

奨学金返還定住支援補助金

大村市貸与型奨学金の貸与が終了し、返還途中で、大村市内に3年以上定住、貸与総額の2分の1以上の返還、長崎県内に就職など、一定の要件を満たした人は、奨学金の返還を補助します。(予算が成立しているなどその他要件が有ります)

∞MURAミライno奨学金(おおむらみらいの奨学金)【給付型奨学金(返還の義務がない奨学金制度)】※令和4年度の募集は終了しました。

∞MURAミライno奨学金(おおむらみらいの奨学金)の国内大学の募集は4月、海外の大学等の募集は8月に実施します。

受給資格(次のいずれにも該当する人)その他要件が有ります

  • 高等学校を卒業する月の初日まで1年以上引き続き市内に住所を有する人で、同日以後引き続き市内に住所を有すること、または本人と生計を一にする方が市内に住所を有すること。
  • 出願時に大学(短大・通信教育を除く)に在学していること

(注記)海外分野で申請をする場合は、大学または大学院(短大・通信教育を除く)に在学していること。

  • 学業、スポーツまたは文化芸術の分野における成績が特に優秀であること。
  • 大村市の貸与型奨学生ではないこと。
  • 経済的理由により修学が困難と認められること。

給付金額

国内の奨学生

月額:25,000円

海外の奨学生

学位取得のための2年以上の留学

年額:1,700,000円以内

(注記)留学先の国などにより給付額が異なります。詳しくは、募集要項をご覧ください。

単位取得のための1年以上の留学

200,000円(1回限り)

出願手続き

次に掲載する募集要項をご確認の上、必要書類を指定の期日までに大村市教育委員会へ提出してください。

出願の際、追加で書類の提出をお願いする場合がありますので、事前にご連絡ください。

また、募集要項は大村市教育委員会で配布しています。

募集期間(令和4年度):令和4年8月1日(月曜日)から令和4年8月31日(水曜日)(必着)

国内大学

海外留学

論文試験日

申請書類確認後、成績、経済要件などの応募資格を満たしている申請者を対象に、次の日程で論文試験を実施します。なお、既に海外へ留学しているなど、次の日程で受験できない場合は、個別に対応します。

論文試験日:令和4年9月5日(月曜日)

時間:10時00分から11時30分まで

場所:市役所第3会議室

その他の奨学金などの制度について

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務課総務グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 別館4階

電話番号:0957-53-4111(内線:363)

ファクス番号:0957-52-9700