スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 障害者福祉 > 手当・年金・給付金など > 自立支援医療(精神通院)の給付

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

自立支援医療(精神通院)の給付

精神疾患により、精神科などで通院治療を受ける場合に長崎県から医療費が助成されます。
「指定自立支援医療機関」での通院治療が対象となります。

対象者

精神疾患により、精神科などで通院治療を受けている人。
ただし、所得制限があります。

負担額、助成内容について

自己負担は医療費の1割です。
ただし、世帯の課税状況や疾患の種類により、自己負担額に上限が定めてあります。
入院医療の費用・公的医療保険の対象とならない治療や投薬の費用(病院や診療所以外でのカウンセリングなど)・精神疾患と関係のない医療費は助成の対象とはなりません。

申請に必要なもの

  • 申請書(様式は障がい福祉課にあります)
  • 自立支援医療用診断書(かかりつけの指定医療機関で書いてもらってください。様式は障がい福祉課にあります。)
  • 健康保険証のコピー(精神通院医療利用者及び利用者と同一医療保険に加入している全員分のコピーが必要です)
  • 所得証明書及び課税証明書(市外居住者、直近の転入者など必要な場合のみ)
    住民税非課税世帯の場合は、年金振込通知など年金受給額がわかるもの。
  • 病院および薬局がわかるもの:診察券、薬局の袋など、名称と所在地がわかるもの。
  • 印かん

更新申請時には以下も必要です。

  • 自立支援医療受給者証

受給者証について

受給者証には、原則として1年の有効期限があります。1年毎に更新手続きが必要ですので、期限までに障がい福祉課で更新手続きをしてください。有効期限の3か月前から手続き可能です。

お問い合わせ

福祉保健部障がい福祉課自立支援給付グループ

856-0832 大村市本町458番地2 中心市街地複合ビル2階

電話番号:0957-20-7306

ファクス番号:0957-47-5419