スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 障害者福祉 > 手当・年金・給付金など > 自立支援医療(更生医療)の給付

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

自立支援医療(更生医療)の給付

身体に障害のある人(18歳以上)が手術によって障害を除去・軽減することで、日常生活を容易にすることが可能な場合に、その医療費を助成します。ただし、所得制限があります。

緊急な場合を除いて事前申請です。治療開始日・入院日の前に申請を行ってください。

対象者

身体障害者手帳の交付を受けた18歳以上の人。

(注意点)

  • 一定所得以上の人は対象となりません。
  • 給付を受けるには、事前申請が必要です。

対象医療例

  • 視覚障害(角膜移植、水晶体摘出術など)
  • 聴覚障害(人工内耳、外耳道形成術など)
  • 音声・言語・そしゃく機能障害(口腔に関する医療)
  • 肢体不自由(人工関節置換術など)
  • 腎機能障害(人工透析療法、腎臓移植及び移植後の抗免疫療法など)
  • 心臓機能障害(弁形成、冠動脈バイパス、ペースメーカー埋込術など)
  • 小腸機能障害(中心静脈栄養法)
  • 免疫機能障害(抗HIV療法、免疫調整療法など)
  • 肝臓機能障害(肝臓移植および移植後の抗免疫療法など)

申請に必要なもの

  • 申請書・同意書(指定様式)
  • 指定医療機関の主たる医師の意見書(指定様式)
  • 身体障害者手帳
  • 健康保険証(受診者および受診者と同一医療保険に加入している人の分)
  • 特定疾病療養受療証(お持ちの人)
  • 市町村民税課税証明書(1月1日市外在住者のみ)
  • 印かん

(注意点)

  • 指定様式は、障がい福祉課にあります。
  • 市町村民税非課税世帯の人については、受診者本人の収入(年金額など)がわかる書類(年金振込預金通帳の写し、年金払込通知書など)が必要です。

負担額

自己負担額は原則として医療費の1割ですが、所得に応じて月額自己負担上限額が設定されています。

お問い合わせ

福祉保健部障がい福祉課自立支援給付グループ

856-0832 大村市本町458番地2 中心市街地複合ビル2階

電話番号:0957-20-7306

ファクス番号:0957-47-5419