スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

要保護児童対策事業

こども家庭課こども家庭支援室は、すべての子どもが心身ともに健やかに生まれ育ち、その持てる力を最大限に発揮することができるよう、子どもおよびその家庭を支援するために、以下の業務を行っています。

児童家庭相談援助

子どもに関する各般の問題につき相談に応じ、児童、妊産婦およびその家族への適切な支援を実施します。

相談の種類

  • 養護相談(虐待、保護者の病気、家出や亡くなったなどさまざまな事情により家庭で子どもを育てられないなど)
  • 障害相談(肢体不自由、視聴覚障害、言語発達障害、重症心身障害、自閉症、発達障害など)
  • 非行相談(家出、夜遊び、乱暴、性的逸脱、虚言癖などのぐ犯行為、触法行為があった児童に関する相談など)
  • 育成相談(性格行動、不登校、適正、育児・しつけ、ひきこもりなど)
  • その他子どもに関する相談

要支援家庭実態把握

保護者の養育などに支援が必要な家庭を把握し、適切な支援を実施します。

児童虐待防止の普及啓発

講演会や研修などをとおして、普及啓発を実施します。

よくある質問

お問い合わせ

こども未来部こども家庭課こども家庭支援グループ

856-0832 大村市本町413番地2 大村市こどもセンター

電話番号:0957-54-9100

ファクス番号:0957-54-9174