ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > ひとり親家庭 > 母子父子寡婦福祉資金の貸付

ここから本文です。

更新日:2018年7月13日

母子父子寡婦福祉資金の貸付

利用対象者

  • 母子家庭(配偶者のない女性と20歳未満の児童で構成される世帯)の母子
  • 父子家庭(配偶者のない男性と20歳未満の児童で構成される世帯)の父子
  • 寡婦(配偶者のない女性でかつて母子家庭の母であった人)

内容

母子家庭、父子家庭、寡婦の方に対して、経済的自立や児童の福祉の増進などを目的として、資金を貸し付けます。

貸付金の申請は、大村市内にお住まいの方は大村市福祉事務所(大村市こどもセンター内)で受付を行い、審査・決定は長崎県こども家庭課が行います。

詳しくは、長崎県のホームページをご覧ください。

長崎県母子寡婦寡婦福祉資金貸付金(外部サイトへリンク)

申請に必要なもの

  • 住民票謄本
  • 所得証明書
  • 印鑑証明書など

申請前に、こどもセンターの母子父子自立支援員にご相談ください。

よくある質問

お問い合わせ

こども未来部こども家庭課ひとり親支援グループ

856-0832 大村市本町413番地2 大村市こどもセンター

電話番号:0957-54-9100

ファクス番号:0957-54-9174