ホーム > まちづくり・産業 > 産業振興 > 中小企業支援 > 補助金・融資など > 大村市 > おおむら中小企業DX推進事業補助金

ここから本文です。

更新日:2024年6月3日

おおむら中小企業DX推進事業補助金

大村市では、生産性の向上に資するITツールを導入する市内中小企業者等に対し、「おおむら中小企業DX推進事業補助金」を交付します。

申請期間

令和6年6月3日(月曜日)~9月30日(月曜日)

(注記)補助事業期間は、最長で令和7年3月7日(金曜日)まで。

申請期間内であっても、予算上限に達した時点で受け付けを終了します。

補助対象者

次のいずれかに該当し、市税の滞納がない人。

  • 市内に本店を有する法人または個人事業主(中小企業基本法に規定される中小企業者)
  • 市内に主たる事務所を有する中小企業団体、農事組合法人

対象経費

生産性向上のために導入されるITツールに関する経費

(注記)詳しくは「募集要領」「よくあるお問い合わせ」をご確認ください。

対象経費とならないものの例

  • 消費税および地方消費税
  • 補助金の交付決定前に契約、納品が行われた事業
  • ITツールの導入を伴わないもの(パンフレットやチラシなどを用いた販促活動など)

対象経費となるかどうかについては、お問い合わせください。

補助率・補助上限額など

補助対象経費の2分の1以内で一事業者当たり上限30万円(1,000円未満切り捨て、ハードウェアの導入に関する経費の補助上限額は10万円)

補助金交付申請

  • 申請は、一事業者当たり同一年度に1回限りです。
  • 同一年度内に申請から実績報告(事業完了)までできる事業が対象です(年度を跨ぐ事業は対象外)。
  • 申請は所定の様式で行ってください。
  • 申請から補助金交付決定まで、1カ月程度要する場合があります。

提出書類

商工振興課に持参または郵送で提出してください。

事業内容を変更(中止)するとき

当初の申請内容(対象経費など)を変更する場合は、申請が必要です。

事業の内容に変更がある場合や、事業を中止する場合は速やかにお知らせください。

提出書類

変更後の内容および経費などが確認できる書類

実績報告

補助事業完了後20日以内、または令和7年3月31日のいずれか早い日までに、実績報告書を提出してください。

なお、事業が完了したことがわかる書類が事業完了後20日以内に準備できない場合は、申請時にお伝えください。

提出書類

補助金の振り込み

実績報告後、補助金交付確定通知をお送りしますので、同封されている請求書を市に提出してください。

補助金は請求書受理後、指定された申請者名義の口座に振り込みます。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業振興部商工振興課産業振興グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:249)

ファクス番号:0957-54-7135