ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

更新日:2021年5月21日

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症とは

発熱やのどの痛み、咳が1週間前後続くことが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える人が多いことが特徴です。感染しても軽症で治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられています。特に、高齢者や基礎疾患をお持ちの人では重症化するリスクが高まります。

詳しくは、次のページをご確認ください。

現時点では、飛沫感染、接触感染で感染すると考えられています。

空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するような環境では、咳やくしゃみなどがなくても感染するリスクがあります。

  • 飛沫感染:感染者のくしゃみ、咳、つばなどと一緒にウイルスが飛び、そのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
    【感染を注意すべき場面】屋内などで、お互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすとき
  • 接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の人がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。
    【感染場所の例】電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなど

新型コロナウイルス感染症に感染しないようにするために

感染経路の中心は飛沫感染および接触感染です。人と人との距離をとること(Social distancing; 社会的距離)、外出時はマスクを着用する、家の中でも咳エチケットを心がける、さらに家やオフィスの換気を十分にする、十分な睡眠などで自己の健康管理をしっかりするなどで、自己のみならず、他人への感染を回避するとともに、他人に感染させないように徹底することが必要です。

これらの状況を踏まえ、「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避、マスクの着用、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒や咳エチケットの励行などをお願いします。

「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避

感染を予防するためには、基本的な感染予防の実施や不要不急の外出の自粛、「3つの密」を避けることなどが重要です。

  1. 密閉空間(換気の悪い密閉空間である)(PDF:933KB)
  2. 密集場所(多くの人が密集している)(PDF:933KB)
  3. 密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や共同行為が行われる)(PDF:933KB)

という3つの条件のある場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。
また、屋外でも、密集・密接には要注意。人混みや近距離での会話、特に大きな声を出すことや歌うこと、激しい呼気や大きな声を伴う運動は避けましょう。

こまめに手を洗いましょう

不特定多数がさわるドアノブや電気のスイッチなどにふれることにより、手にウイルスがついてしまうことがあります。帰宅時や調理や食事の前などこまめに石鹸で手を洗いましょう。

手洗いの前に爪は短く切り、時計や指輪は外しておきましょう。

  1. 流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ、手のひらをよくこすります。
  2. 手の甲をのばすようにこすります。
  3. 指先・爪の間を念入りにこすります。
  4. 指の間を洗います。
  5. 親指と手のひらをねじり洗いします。
  6. 手首も忘れずに洗います。

咳エチケット

咳エチケットとは、感染症を他者に感染させないために、咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。

対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離でおよそ2メートルとされています)が、一定時間以上、多くの人々との間で交わされる環境は、リスクが高いです。感染しやすい環境に行くことを避け、手洗い、咳エチケットを徹底しましょう。

 発熱などの症状がある場合

発熱などの症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控えてください。また、毎日体温を測定して記録しておいてください。

感染しているのではないかとの不安から適切な相談をせずに医療機関を受診する人がいると、かえってご自身が医療機関において感染するリスクを高めることになりますので、医療機関を受診する前に電話をかけてください。

受診の際はマスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

「かかりつけ医などの地域で身近な医療機関」または「長崎県受診・相談センター」への相談

次の症状がある人は「かかりつけ医などの地域で身近な医療機関」または「長崎県受診・相談センター」にご相談ください。

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい人で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状がある場合
  • それ以外の人で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

医療機関内での新型コロナウイルスやインフルエンザ感染対策のため、発熱や風邪症状の患者さんの診察時間や受付方法が例年と異なっています。医療機関を受診する場合は必ず事前に電話して確認してください。

なお、かかりつけ医を持たない場合、相談する医療機関に迷っている場合は、「長崎県受診・相談センター」に連絡してください。

妊婦の人へ

  • 妊婦の人については、念のため、重症化しやすい人と同様に、早めに「長崎県受診・相談センター」などにご相談ください。

お子さまをお持ちの人へ

  • 小児については、小児科医による診察が望ましく、「長崎県受診・相談センター」やかかりつけ小児科医療機関に電話などでご相談ください。

相談・受診前に心がけていただきたいこと

  • 発熱などの風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
  • 発熱などの風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
  • 基礎疾患(持病)をお持ちの人で症状に変化がある人。新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な人は、まず、かかりつけ医などに電話でご相談ください。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安【5月8日厚生労働省】(PDF:156KB)

 長崎県受診・相談センター(土曜日、日曜日、祝日含む24時間対応)
  • 電話番号:0120-071126

新型コロナ感染症が疑われる人の相談を受け付けています。相談の結果、必要な人には、「診療・検査医療機関」への受診調整が行われます。

「長崎県受診・相談センター」以外の相談窓口
長崎県県央保健所

新型コロナウイルス感染症について、心配や不安なことがある場合は、県央保健所地域保健課にご相談ください。

  • 電話番号:0957-26-3306
  • 開庁時間:平日9時から17時45分(緊急の場合は時間外も可)

聴覚に障害のある人をはじめ、電話でのご相談が難しい人は、ファクシミリ相談票をご利用ください。
ファクシミリ相談票WORD版(WORD:59KB)
また、厚生労働省ファクス(03-3595-2756)のご利用や、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ(外部サイトへリンク)を参考としてください。

長崎県福祉保健課(その他の一般的なことに関する相談)

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談(感染の疑いに関する相談を除く)は、長崎県福祉保健課で対応しています。

  • 電話番号:095-895-2150
  • 受付時間:平日9時から17時45分
厚生労働省コールセンター

新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

  • 電話番号:0120-565-653(フリーダイヤル)
  • 受付時間:9時から21時(土曜日・日曜日、祝日も実施)

新型コロナウイルスに関する情報(厚生労働省ホームページ)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課

電話番号:0957-53-4111(内線:140,152)

ファクス番号:0957-53-5572