ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

更新日:2023年10月23日

新型コロナウイルス感染症について

感染対策のポイント

高齢者や基礎疾患のある人が感染すれば重症化リスクも高まります。高齢の人と会う場合や大人数で集まる場合は、感染予防を心がけ体調を整えるようにしましょう。通院や高齢者施設を訪問するときには、マスクの着用が感染予防に効果的です。発熱やのどの違和感など、いつもと体調が異なるときは、人と会うことを控えましょう。

新型コロナウイルス感染予防のために(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

マスクの着用

着用は個人の判断に委ねることを基本

マスクの着用が効果的な場面(外部サイトへリンク)

手洗いなどの手指衛生

一律に求めないが、基本的な感染対策としては、引き続き有効

換気

「三つの密」の回避、人と人との距離の確保

一律に求めないが、流行期において、高齢者などの重症化リスクの高い人は、換気の悪い場所や、不特定多数の人がいるような混雑した場所、近接した会話を避けることが感染防止対策として有効(避けられない場合は、マスク着用が有効)

市民の皆さまへのお願い

本人の意思に反して感染対策を強いることのないようにご配慮願います。

事業者の感染対策についても、実施の要否は、各事業者の判断となりますので、ご理解をお願いします。

基本的な新型コロナウイルス感染対策について(長崎県)(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルス感染症の5類への変更

令和5年5月8日から、新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけが、5類感染症(季節性インフルエンザと同様)に変更され、対応が変わりました。

主な変更点

  5月7日まで 5月8日から
外来医療費 公費負担 自己負担
入院医療費 公費負担 自己負担(ただし令和5年9月末まで、高額療養費

の自己負担限度額から原則2万円を減額)

コロナ治療薬 公費負担

公費負担(令和5年9月末まで)

入院勧告 できる できない
医療機関 発熱外来など一部 原則制限なし
外出自粛要請 あり なし
濃厚接触者 特定あり 特定なし
ワクチン 無料 当面は無料を継続

令和5年5月8日からの変更点について(長崎県)(外部サイトへリンク)

陽性者の外出自粛・濃厚接触者の自宅待機期間は

外出自粛要請はありません

これまで原則として感染者は7日間、濃厚接触者は5日間、外出の自粛が求められていました。5類に移行後は、外出の自粛要請はありません。

ただし、少しでも発熱など症状のある場合には、体調悪化を防ぎ、周りの人に感染を広げないように外出は控えていただき、通院などやむを得ず外出する時には、人込みは避け、マスクを着用してください。

外出を控えることが推奨される期間は5日間です

特に発症後5日間が他人に感染させるリスクが高いことから、発症日を0日目(無症状の場合は検体採取日)として5日間は外出を控えること、かつ、5日目に症状が続いていた場合は、熱が下がり、痰や喉の痛みなどの症状が軽快して24時間程度が経過するまでは、外出を控え、様子を見ることが推奨されます。

参考:感染症法上の位置づけ変更後の療養について(内閣官房新型コロナウイルス等感染症対策推進室)(外部サイトへリンク)

発熱などの症状がでたら

外来受診

まずはかかりつけ医などの身近な医療機関に相談してください

発熱などの症状があった場合は、直接医療機関に行くことは避け、まずはかかりつけ医や最寄りの医療機関など、身近な医療機関に電話でご相談いただきますようお願いします。

外来対応医療機関リストについて(長崎県)(外部サイトへリンク)

かかりつけ医がない場合

ながさき医療機関情報システムから最寄りの医療機関をお探しください。

参考:新型コロナウイルス感染症かな?と思ったら(長崎県)(外部サイトへリンク)

相談体制

受診先・陽性になった際の症状に関する相談

新型コロナウイルス感染症に係る一般的な健康相談などに関するお問い合わせ全般

発熱などの症状がある場合に関する相談など

【相談窓口】

長崎県受診・相談センター(外部サイトへリンク):0120-071-126(24時間対応、土曜日・日曜日・祝日を含む)

新型コロナウイルス感染症の罹患後症状

新型コロナウイルス感染症の治療や療養が終了した後に感染性は消失したにも関わらず、他に明らかな原因がなく、倦怠感、息切れ、思考力や記憶への影響などの症状(以下、「罹患後症状」という)が長引く人がいます。このような悩みを抱える人からの相談・診療に対応するため、長崎県では、長崎県医師会の協力のもと、診療体制を確保しています。詳しくは、長崎県ホームページ(外部サイトへリンク)をご確認の上、医療機関へご相談ください。

罹患後症状の主な症状

熱(37度以上)、疲労感・倦怠感、咳、息苦しさ、味覚障害、嗅覚障害、痰、頭痛、関節痛、咽頭痛、筋力低下、睡眠障害、思考力・集中力の低下、筋肉痛、下痢、脱毛

罹患後症状に悩む人への対応可能な医療機関リスト

罹患後によくみられる症状別に、県央地区の医療機関をリスト化しました。受診先に迷った場合などにご活用ください。

このリストは、新型コロナウイルス感染症の罹患後症状に対応可能な医療機関のうち、県ホームページでの公表に同意いただけた医療機関です。
参照:長崎県ホームページ(罹患後症状に悩む人への対応可能な医療機関リスト)(外部サイトへリンク)

医療費はどう変わるのか

検査・診療は保険診療(自己負担あり)となります

医療機関を受診した場合は、保険診療となり自己負担が発生します。

新型コロナ治療薬は公費負担(自己負担なし)のままです

新型コロナウイルス感染症治療薬(ラゲブリオ、パキロビッド、ゾコーバ、べクルリー、ゼビュディ、ロナプリーブ、エバシェルド)の処方を受けた場合、その薬剤費については全額公費負担となります。(令和5年9月末まで)

解熱剤・鎮咳薬などは保険診療となり、自己負担が発生します。

入院医療費について高額療養費の自己負担限度額から2万円減額されます

入院医療費についても自己負担が発生しますが、急激な負担増を避けるため、高額療養費の自己負担限度額から2万円が減額されます(2万円未満の場合はその額)。

参考:医療提供体制および公費支援について(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課

電話番号:0957-53-4111(内線:140,152)

ファクス番号:0957-53-5572