ホーム > 市政情報 > 大村市議会 > 会議のご案内 > 一般質問発言通告

ここから本文です。

更新日:2020年2月25日

大村市議会

一般質問発言通告

令和2年3月定例会通告者・内容一覧(PDF:461KB)

 令和2年3月3日(火曜日)午前10時

山口弘宣
(一問一答)

1.水対策について

(1)渇水時や災害時に活用できる家庭用雨水タンク設置に対する助成制度について

(2)今定例会施政方針説明の中の水道事業の概要について

2.ストレスチェックについて

(1)今年度実施したストレスチェックの結果について

(2)基準値を超えた職員の所属部署への対応策について

3.予算の査定方式について

(1)予算の査定方式を変更した理由について

(2)新旧の査定方式の違い(メリット・デメリット)について

(3)次年度予算編成で個別査定方式を活用したことによる効果について

4.インフルエンザ・新型肺炎関連について

(1)インフルエンザ・新型肺炎の大村市の現況について

(2)インフルエンザ・新型肺炎への対策・課題について

  • 友好都市上海市閔行区への支援策について
  • 海からの入国審査の甘さについて(空港からはどうか)
  • 国外から県内または市内への入国者の状況等について

5.総合運動公園について

(1)V・ファーレン長崎からの提案について

村上秀明

(一問一答)

1.教育行政について

(1)ミライonについて

  • 開館からこれまでの利用者数について

ア.図書館の利用者数について

イ.資料館の利用者数について

  • イベントの開催状況について

ア.図書館における開催状況について

イ.資料館における開催状況について

  • 気軽に利用できる場所づくりについて

2.都市整備行政について

(1)新幹線新大村駅(仮称)開業までのスケジュールについて

  • 周辺整備の開業までのスケジュールについて
  • 民間事業者の公募から採択、開業までのスケジュールについて
  • 新幹線開業アクションプラン事業と開業時点での周辺整備状況との関連について

3.企画行政について

(1)「大村湾データコンソーシアム」について

  • データ連携における本市の課題について
  • 課題解決に向けたAI、IoTなどの活用について

4.農林水産行政について

(1)第5期中山間地域等直接支払制度について

(2)水産物の販路拡大について

晦日房和
(一問一答)

1.都市整備部行政について

(1)公共公園の遊具について

2.総務部行政について

(1)市庁舎の防災拠点について

  • 市庁舎の非常用電源について

(2)どの程度の災害を想定した備蓄なのか

(3)避難所について

3.産業振興部行政について

(1)ビジネス拠点について

(2)新工業団地の企業誘致について

4.福祉保健部行政について

(1)介護について

  • 本市の介護職員の現状について
  • 今後の介護の取り組みについて

5.総合運動公園について

(1)V・ファーレン長崎の拠点整備について

  • 市民が使用できるスポーツ施設なのか

(2)1期工事について

吉田博

(一問一答)

1.福祉保健行政について

(1)新型コロナウイルス対策について

(2)災害時の障がい者への防災対策について

  • 人数の把握について
  • 避難体制について

(3)市職員の対応について

2.教育行政について

(1)学校給食について

  • 給食の無償化について
  • 食の安全・安心について

3.市民環境行政について

(1)屋内プールの利用料金について

(2)気候変動の非常事態宣言について

4.市長としての政治姿勢について

(1)V・ファーレン長崎とスポーツシューレについて

(2)IR誘致について

岩永愼太郎

(一問一答)

1.企画政策行政について

(1)当市が目指すスポーツシューレ構想について

  • スポーツと文化を生かし、地域活性化を図るスポーツシューレ構想について
  • 整備を進める総合運動公園の計画施設の位置づけについて

(2)総合運動公園の施設整備計画案について

  • 整備計画案における1期・2期事業のタイムスケジュールについて
  • 総合運動公園の施設の管理・運営体制について
  • 施設利用における市民と市外利用者、V・ファーレン長崎の取り扱いについて
  • V・ファーレン長崎との施設利用契約について

2.産業振興行政について

(1)林業の振興施策と地元産木材の活用について

  • 市有林の主伐・間伐の調査事業の現状と木材生産計画について
  • 私有林所有者の森林経営の意向調査及び地籍調査等の早期着手について
  • 木材生産の基幹となる林道の整備について
  • 市庁舎等の建築・内装材への地元産木材の活用について

3.都市整備行政について

(1)都市公園、児童公園等の環境整備及び遊具の安全点検について

  • 公園の清掃、除草等の環境整備について
  • 公園遊具等の安全点検及び事故対策について

4.こども未来部行政について

(1)学童クラブ施設の整備について

  • 施設の過不足感及び待機児童の現状について
  • 今後の整備方針について

5.財政部・産業振興部行政について

(1)ふるさと納税の現状について

  • ふるさと納税制度による税収の推移について
  • 「お礼の品」返礼と地場産品の振興について

 令和2年3月4日(水曜日)午前10時

山北正久

(一問一答)

1.市長の政治姿勢について

(1)サッカーJ2、V・ファーレン長崎の新練習拠点についての記者会見では、現在整備中の市総合運動公園(黒丸町)で実施する旨の発言がなされているが、議会との合意形成について

(2)新市庁舎建設計画地に断層が確認されたことから計画地についてはゼロベースで検討することとなったが、現在策定中の基本設計の活用と計画地選定のプロセスについて

(3)過年度の「施政方針説明」では大学誘致に関する位置づけは見られなかったが、今期は「特色ある大学、学部等の誘致を進める」とある。誘致の進捗状況と大学誘致推進室(仮称)の設置について

(4)国連が掲げる17項目の「持続可能な開発目標」(SDGs)達成に向けて取り組む国内の自治体は全体の13%、241団体であるが、本市の具体的な課題・目標・計画について

2.総務部行政について

(1)高齢ドライバー(65歳以上が対象)を守る「サポカー補助金」制度が実施され、3月上旬から中古車及び後付け装置の購入に対する補助申請受付が始まるが、対象者への啓発について

(2)政府は、男性の国家公務員の育児休業に関し、原則として1カ月以上の取得を促すこととした。男性の育休取得が進まない地方自治体や民間企業への波及を目的としたものであるが、本市の実態と今後の方向性について

3.福祉保健部行政について

(1)本市における「認知症サポーター」の養成状況と実数及び昨年から始まった認知症の人やその家族の困りごとを支援する仕組み「チームオレンジ」の整備状況とボランティアポイントの付与について

(2)日本産婦人科学会は、学会の認定を受けた施設でのみ「新出生前診断」の実施を認めているが、本市における診断実績の推移とダウン症の赤ちゃんと保護者のための子育て手帳「+Happyしあわせのたね」の配布について

(3)要介護状態になる一歩手前の「フレイル(虚弱)」の人を把握するため厚生労働省が新年度から開始するとしている75歳以上を対象とした新健診への対策について

4.こども未来部行政について

(1)新年度から始まる、多胎児の家庭に対する「育児サポーター事業」は国が費用の半額を補助し、市区町村が実施主体となっているが、対象者に対する相談業務や交流会等の開催計画について

(2)幼児教育・保育の無償化の開始から5カ月が経過し、利用者及び事業者からは一様に一定の評価の声を聞くが、本市におけるアンケート等による実態調査の実施について

5.商工振興部行政について

(1)政府は昨年6月「就職氷河期世代の支援策」を取り上げ、非正規雇用で働く人や長期無業者等の方々を対象に正規雇用を3年間で30万人増やす支援策を12月に決定したが、本市における対象者と支援策について

(2)2020年版の九州経済白書によると、ベンチャー企業分野の雇用率は九州7県と沖縄・山口県の中で、本県は最下位の4.9%であるが、本市におけるベンチャー企業の実態と育成支援状況について

高濵広司

(一問一答)

1.新旧中地区公民館について

(1)新中地区公民館の開館等について

(2)新中地区公民館の建設以前と以降の再生エネルギー施策について

(3)旧中地区公民館の活用について

2.物産振興について

(1)じげたまグランプリについて

(2)物産の販路拡大について

3.新庁舎建設について

(1)建設方針見直しの理由について

(2)今後の建設計画の進め方について

4.新幹線駅前開発について

(1)開発委託のスケジュールについて

(2)プロポーザル方式による募集要項の概要について

5.総合運動公園とV・ファーレン長崎の誘致について

(1)本事案の市長の説明責任について

(2)当初の誘致案から現在の案に至るまでの経過について

(3)総合運動公園の第3期計画について

(4)スポーツシューレ構想と事業の進め方について

(5)1期計画と2期計画を入れ替える理由について

(6)V・ファーレン長崎誘致の方策について

竹森学

(一問一答)

1.教育行政について

(1)学校給食費公会計化等について

(2)小学校建て替えに伴う出張所との複合化について

2.高齢ドライバー支援について

(1)高齢ドライバーへのブレーキアシスト装置等の購入補助について

3.窓口業務の簡素化について

(1)死亡に伴う種々の届け出等の簡素化について

4.大村の文化振興について

(1)沖田踊・黒丸踊のユネスコ無形文化遺産登録申請について

5.安全管理について

(1)市職員が行う作業等の安全管理について

6.学校通学路について

(1)小学校の通学路の安全対策について

7.障がい者支援について

(1)木場スマートIC下り方面の利便性向上について

8.こども未来部行政について

(1)「キッズゾーン」の整備について

(2)子宮頸がん予防ワクチン接種の周知について

光山千絵

(一問一答)

1.ギャンブル依存症対策について

(1)全国の状況と本県、本市の実態について

(2)これまでのギャンブル依存症対策の取り組みと成果について

(3)今後のギャンブル依存症対策の進め方について

2.大村市総合運動公園整備案について

(1)本市とV・ファーレン長崎との合意報道について

3.障がい者への支援について

(1)障がい者手帳交付状況について

(2)障がい者への就労支援について

(3)障がい者への移動支援について

(4)新たな社会参加への取り組みについて

村崎浩史
(一問一答)

1.総務行政について

(1)職員の異動希望の取り扱い及び人事異動への反映について

2.こども未来行政について

(1)定期健診のあり方について

(2)赤ちゃん訪問事業の体制及び療育支援の周知のあり方について

3.教育行政について

(1)山口県萩市の「グローバル50奨学金事業」のようなスーパースチューデント支援事業を本市も検討することについて

(2)長崎県立大村高校の附属中学校を市立中学校で設置し、県・市連携型の中高一貫校として教育環境を充実させることについて

4.市長の政治姿勢について

(1)地方創生GMの来年度の役割について

(2)新型コロナウイルスへの対応及びマスク支援について

(3)V・ファーレン長崎ホームタウン拠点整備の今後の方向性及び経過について

(4)市庁舎建替えについて

 令和2年3月5日(木曜日)午前10時

宮田真美
(一問一答)

1.商工行政について

(1)市内業者の経営状況について

  • 増税後の経営状況の把握について
  • 確定申告の状況について

(2)事業の継承、存続への支援について

  • 小規模事業者持続化補助金について

2.福祉行政について

(1)国保税について

  • 資格証明書の発行について

(2)高齢者の補聴器購入への助成について

  • 認知症予防、高齢者の生活の質の向上の観点による、高齢者の補聴器購入への助成要望について

(3)公立・公的病院の再編・統合について

3.教育行政について

(1)ジェンダー平等への対応について

  • 教育現場におけるジェンダー平等意識の啓発・指導について
  • 教職員への啓発について

4.男女共同参画行政について

(1)市の会議・委員会・協議会等への積極的な女性の登用について

小林史政

(一問一答)

1.大村市の人口問題について

(1)大村市の人口増の現状とその要因について

(2)青年前期・後期における転入と転出の現状について

(3)大村市民の青年層が社会減となっている現状に対する市長の見解とその要因及び今後の対策について

(4)U・Iターン対策及び移住相談体制について

2.V・ファーレン長崎について

(1)ジャパネットホールディングスは、V・ファーレン長崎の拠点整備を進めることで大村市と合意し、2022年に運用を始めたいと大きく報道されているが、実際の合意の有無について

(2)市長は練習拠点整備によるスポーツを軸とした大村の街づくりを強調しているが、具体的な取り組みについて

(3)整備後のサッカー場や体育館の市民利用について

(4)ソフトボール場が2面減少することによる影響について

(5)約18億円と試算されているサッカーグラウンドや体育館の整備費及び国からの補助金の一部返還の有無について

(6)練習拠点整備が大村市へもたらす経済波及効果について

3.産業支援センターについて

(1)大村市が開設した経営相談所の取り組みが報道により大きく評価されているが、これまでの成果と実績について

(2)産業支援センターの機能をさらに充実させ、市内中小事業者の支援を強化するために、解決すべき課題と解決のための方策について

4.幼児教育・保育の無償化について

(1)無償化による大村市の負担額の増について

(2)無償化による保育需要等への影響について

(3)待機児童対策について

(4)保育園における紙オムツについて

5.主権者教育について

(1)松浦市が実施している給食の献立を利用した主権者教育について

松尾祥秀

(一問一答)

1.V・ファーレン長崎の練習拠点誘致について

(1)V・ファーレン長崎から提示されている条件について

(2)これまでに要した総合運動公園整備費用等について

(3)練習場等の整備費の見積もりについて

(4)大村市にもたらす経済効果について

2.大村市まち・ひと・しごと創生総合戦略について

(1)これまでの目標達成度について

(2)第2期総合戦略の重点取り組み事項について

3.小・中学校3学期制移行について

(1)3学期制移行のねらいについて

(2)3学期制移行に伴い、特に力を入れたい項目について

(3)地域との連携を強調されているが、具体的な取り組みについて

4.松原湧水の活用について

(1)松原湧水の活用状況について

(2)湧水池の管理について

野島進吾
(一問一答)

1.企画行政について

(1)日本一のスポーツシューレ構想について

(2)野岳で開催されている多良の森トレイルランニングへの支援について

(3)スーパーシティ・スマートシティの実現を目指す取り組みについて

2.都市整備行政について

(1)ゼロベースで建設計画地を再検討することとなった新庁舎建設の進捗状況について

(2)バスターミナルの今後について

(3)新大村駅(仮称)周辺整備の進捗状況について

(4)JR九州へ提出された九州新幹線長崎ルートの要望書について

3.教育・文化・企画行政について

(1)車両基地周辺の竹松遺跡の重要な遺構について

(2)大学・学部の誘致について

4.産業振興行政について

(1)産業支援センター(O-biz)の実績と今後の展開について

5.広報行政について

(1)通報システム事業について

 令和2年3月6日(金曜日)午前10時

中崎秀紀

(一問一答)

1.教育行政について

(1)大村市歴史資料館について

  • アンケート調査の実施状況・結果について
  • アンケート結果や要望等への対応状況について
  • ホームページの開設状況・PRについて
  • 新年度の事業について

(2)コミュニティ・スクールについて

  • 大村市のコミュニティ・スクールの現状・成果について
  • コミュニティ・スクールの課題について
  • 今後のコミュニティ・スクールの計画について

(3)メディア教育について

  • 本市におけるメディア教育の取り組みについて
  • 子どもたちを取り巻くメディア環境の変化に関する認識について
  • 長崎県メディア安全指導員について
  • 今後のメディア教育について

2.都市整備行政について

(1)大村市都市計画マスタープランについて

  • 都市計画道路池田沖田線周辺の地区計画について
  • 今後の道路計画について
  • 現市庁舎周辺の交通渋滞について
  • 新大村駅(仮称)周辺地区に係る公有地活用に向けたサウンディング型市場調査の結果について

ア.今後のスケジュールについて

  • 都市計画マスタープランのスケジュールについて

水上享

(一問一答)

1.総務行政について

(1)機構改革について

  • 副市長体制について

2.財政行政について

(1)新庁舎建設について

3.企画政策行政について

(1)「スポーツシューレ」構想について

  • V・ファーレン長崎の練習場について

4.福祉行政について

(1)感染症対策について

  • 市民病院の機能について

5.教育行政について

(1)郷土芸能保存継承について

  • 国指定重要無形民俗文化財「沖田踊・黒丸踊」のユネスコの無形文化遺産への登録について
  • 後継者育成について

城幸太郎

(一問一答)

1.福祉保健行政について

(1)大村市おでかけサポート事業について

  • 視覚障がい者の対象条件見直しについて
  • 人工透析患者の利用実現について

2.こども未来部行政について

(1)令和2年度の保育園・認定こども園の入園申込状況について

3.都市整備行政について

(1)プレジャーボート、水上バイクの不法係留及び放置について

4.産業振興行政について

(1)日本酒「純忠」の原料としての酒米生産について

5.教育行政について

(1)ミライon駐車場の年末年始の利用について

6.財政部行政について

(1)新庁舎建設の見直しについて

7.企画政策行政について

(1)V・ファーレン長崎の拠点整備について

  • プロジェクトチームの設置について
  • 拠点整備による具体的なメリット・デメリットの説明不足について

永尾髙宣
(一問一答)

1.福祉行政について

(1)新型コロナウイルス対策について

2.都市整備行政について

(1)国道34号線拡幅整備の進捗状況について

3.地方創生行政について

(1)大村の偉人(石井筆子)の顕彰について

4.スポーツ振興行政について

(1)全国ソフトボール大会誘致について

5.商工行政について

(1)コミュニティ(巡回)バスの運行について

6.新庁舎建設について

(1)新庁舎建設について

7.企画行政について

(1)久原駅の新設について

 

令和2年3月9日(月曜日)午前10時

古閑森秀幸
(一問一答)

1.新庁舎建設について

(1)新庁舎建設の白紙撤回の理由と時期について

(2)今までにかかった費用について

(3)白紙の状態から新庁舎建設までに要する期間及び市町村役場機能緊急保全事業の活用の可能性について

2.V・ファーレン長崎の練習拠点誘致について

(1)現在の状況について

(2)スポーツシューレ計画の進捗状況について

(3)大村市の支援範囲について

3.教育行政について

(1)PTA活動への支援内容について

4.福祉保健部行政について

(1)新型コロナウイルスに対する感染予防策について

  • 本市に感染者が発生した場合の対応について

5.幼児教育・保育無償制度について

(1)無償化に伴う待機児童問題や保育士の業務負担増加、保育の質の低下、私立幼稚園の保育料便乗値上げ等に対する本市の取り組み状況について

朝長英美
(一問一答)

1.財政部行政について

(1)入札状況について

(2)市発注の建設工事等について

(3)法人市民税について

(4)市庁舎問題について

2.企画政策部行政について

(1)V・ファーレン長崎誘致について

3.産業振興部行政について

(1)農業の担い手確保策について

(2)離農者の家屋について

田中博文
(一問一答)

1.教育行政について

(1)ミライon図書館の有効活用について

(2)昨年12月に開催されたビブリオバトル大会について

(3)簡易型“読書手帳”の活用について

(4)終戦から75年、被爆地長崎の歴史を学ぶ取り組みについて

(5)もう一つの“成人式”について

2.総務行政について

(1)免許証自主返納者へのサポート事業について

(2)マイナンバーカード取得・選挙投票行動をポイント化することについて

(3)市内各種団体・組織への加入時のポイント取得制について

3.市民環境行政について

(1)市役所の市民課窓口への“おくやみコーナー”の設置要望について

4.財政行政について

(1)競艇企業局からの繰入金活用について

堀内学
(一問一答)

1.SDGs推進について

(1)大村市としてのSDGsの捉え方について

(2)既に実施しているSDGsの理念に沿った施策について

(3)教育現場における取り組み方法について

  • 小・中学校の全照明器具のLED化について
  • 賃貸借方式によるLED化に対する見解について
  • 学習支援事業について

(4)SDGsに対する市長の見解について

2.ヘルプマークについて

(1)普及啓発活動の進捗状況について

(2)逆ヘルプマークに対する見解について

(3)今後の啓発に向けた計画について

3.住民主導型地域活性化事業交付金制度について

(1)地域げんき交付金及び市民いきいき助成金の活用状況と成果について

(2)活用された地域や実施団体の意見について

(3)今後の方向性(協力体制)について

4.マイナンバーカードについて

(1)マイナンバーカードの普及率と交付状況、自治体業務の効率化について

(2)大村市独自の施策について

(3)マイナポイントの概要及び進捗状況について

 

 

 

 

 

 

 

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

議会事務局 議事調査グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 別館2階

電話番号:0957-52-3828(直通)

ファクス番号:0957-52-3828