ホーム > 市政情報 > 大村市議会 > 会議のご案内 > 一般質問発言通告

ここから本文です。

更新日:2023年2月22日

大村市議会

一般質問発言通告

令和5年3月定例会通告者・内容一覧(PDF:291KB)

 令和5年3月1日(水曜日)午前10時

朝長英美

(一問一答)

1.鳥獣・愛玩動物対策について
(1)イノシシ・タヌキ・アライグマ・カラス・ヒヨドリなどによる被害状況について
(2)鳥インフルエンザの実態について
(3)犬・猫の問題について
2.総合運動公園について
(1)公園内周辺道路について
(2)ぼうけん広場奥の大村湾について
(3)駐車場について
(4)サンセット通りの横断歩道への信号機設置について
3.大村市商店会連合会の要望について
(1)商店会防犯灯について
(2)本陣通りアーケードに面するプラットおおむら前について
(3)下波止通りのカーブミラーについて
(4)下駅通り交差点の改善要望について
(5)アーケードの騒音問題について
4.職員の働き方改革について
(1)有給休暇の取得について
(2)育休について
(3)若手職員の窓口業務について
(4)各出張所の職員の配置について

松尾祥秀

(一問一答)

1.放置自転車の処分について
(1)市が管理する駐輪場の数と設置場所について
(2)自転車の状態から全く使用されていないと思われるものが結構あるが、市の把握状況について
(3)処分に係る手続きについて
2.市道の陰切りについて
(1)国道や県道の街路樹は定期的に剪定作業が行われるが、山間部の市道の陰切りについて
(2)高齢化や離農者が増える中で、手入れを放置すれば山間部は荒れてしまうことから、今後の計画的な手入れの必要性について
3.「おうちでごはん」おこめ券配布事業について
(1)大村市における米農家の数(兼業農家含む)について
(2)配布する米の量について
(3)米の受取場所について
(4)おこめ券配布に係る費用について
(5)おこめ券配布の理由(狙いと期待する効果)について
(6)おこめ券の他者への有料での譲渡について

野島進吾

(一問一答)

1.環境行政について
(1)ゼロカーボンシティ実現に向けた取組である電動アシスト自転車(Eバイク)の購入費用に対する補助について
  • 補助の詳細について
  • Eバイク利用のメリットや安全性に関する情報発信について
(2)Eバイクの観光分野への活用について
(3)ゼロカーボンシティに向けたその他の取組について
2.防災行政について
(1)各小中学校の避難計画について
  • 体育館に避難する際、冷暖房設備がないために避難された方の疲労が心配されるが、その対応策について
3.道路整備について
(1)令和2年7月豪雨災害の復旧によりストップされていた道路整備計画について
  • 復旧工事の進捗状況について
  • 計画していた道路整備計画の未整備数や進捗状況、今後の取組について
4.行政サービスについて
(1)ふるさと納税の新たな返戻品となるNFTについて
(2)グルーンおおむらを活用したアミューズメント体験やeスポーツなどの各種イベントについて

田中博文

(一問一答)

1.総務行政について
(1)免許証自主返納者への優遇措置について
2.アニマルポートながさきの老朽化に伴う移転建替えについて
(1)県との調整や候補地選定、その他進捗状況について
(2)施設の概要に関する県への要望の意向について
(3)「殺処分を執行する施設」から「殺処分を失効させる施設」への転換について
(4)猫カフェ等の商業施設併設やドッグランを有する広場の確保について
(5)独居世帯で飼い主が亡くなった後に残されたペットの一時避難場所・里親探しのパイプ役を果たす施設にすることについて
3.野良猫の不妊・去勢手術費全額助成事業について
(1)現在、事業の開始時期が6月からとなっているが、通年事業としての運用ができない理由について
(2)事業の重要性と一定の効果が見込め始めたこの時期に事業を通年化することについて
(3)通年事業化のための予算の見直しについて
(4)おおむらわんにゃん募金箱について
4.企画行政について
(1)商店街活性化に向けた提案について

  • 敬老大学・まちかどキャンパスの創設について

中崎秀紀

(一問一答)

1.市民を守る体制・防犯等の教育について
(1)全国で相次いだ連続強盗事件では、高齢者が狙われ、尊い人命が失われており、また、実行犯がSNSを介して募られ、その中には中学生も含まれるなど、社会不安が深まる中、地域や子どもたちを守るための本市の取組について
  • 本市における特殊詐欺等の被害状況について
  • 教育委員会の取組について
ア.SNS等の教育及び防犯等の教育について
  • 市民に対する防犯の啓発や事件の周知及び相談体制について
  • 令和5年度拡充事業「成年後見制度利用促進事業」について
  • 市民後見等の支援の要望について
2.こどもまんなか社会の実現について
(1)政府は2023年4月、「こども家庭庁」を創設し、こどもの視点に立った当事者目線の政策を強力に進めていくこととしているが、市こどもセンターの機能・役割について
  • こども家庭センターについて
  • 職員・専門職員の配置について
  • 貧困・虐待・いじめ・ヤングケアラー等に関する教育委員会との連携・協働について
  • 重層的支援体制整備事業について
3.多様性に配慮した寛容な社会の醸成について
(1)本市におけるパートナーシップ制度・ファミリーシップ制度の導入や性的マイノリティ(LGBTQ+)への理解促進について
  • 市職員に対する理解促進の取組状況について
  • 教職員に対する理解促進の取組状況及び児童生徒への教育の取組について
  • アンケート調査の目的・結果について
  • パートナーシップ制度・ファミリーシップ制度の導入を早急に進めることを要望するが、市の見解について
  • 多様性に配慮した中学校校則の見直しについて

 令和5年3月2日(木曜日)午前10時

小林史政

(一問一答)

1.令和5年度大村市当初予算案について
(1)当初予算案に込められた市長の思い・決意について
(2)今後の財政運営について
(3)ボート基金の活用について
2.子ども医療費について
(1)子ども医療費助成における小・中学生の現物給付について
(2)高校生の子ども医療費助成について
3.県動物管理所について
(1)アニマルポートながさきの再整備と再誘致について
4.新型コロナワクチンの副反応と今後の対応について
(1)予防接種健康被害救済制度について
(2)今後の新型コロナウイルス感染症への対応と感染拡大防止の在り方について

永尾髙宣

(一問一答)

1.企画行政について
(1)大村市のまちづくりについて
(2)現庁舎跡地の活用と(仮称)久原駅について
2.産業振興について
(1)企業誘致について
(2)水産振興について
(3)農業振興について
3.モーターボート競走事業収益基金について
(1)ボート基金を財源とした過去3年間の主な事業について
(2)今後のボート基金の活用方針について
4.生活者支援について
(1)物価高騰対策について
(2)高齢者の外出支援について
5.教育行政について
(1)学校施設の整備について
(2)大村の郡三踊に代表される郷土芸能の継承について
(3)偉人の顕彰について

堀内学

(一問一答)

1.学校施設のバリアフリー化について
(1)学校施設長寿命化計画におけるバリアフリー化の現在の整備状況について
(2)学校施設バリアフリー化整備目標について
2.公共施設におけるトイレの整備方針について
(1)公共施設における洋式トイレの普及率と維持管理の状況について
(2)大村市斎場は建築してからおよそ40年が経過しており、トイレなど施設全般に係る改修・交換の必要性について
3.インクルーシブ遊具について
(1)グルーンおおむら野外遊具広場における工夫された遊具の設置状況について
(2)インクルーシブ遊具の反響について
(3)インクルーシブ遊具の設置について
4.ミライロIDの導入について
(1)ミライロID導入に対する市の見解について
(2)周知活動について

村上秀明

(一問一答)

1.都市整備行政について
(1)都市計画道路(沖田~松原間)について

  • 池田沖田線の松原地区への延伸に関する国や県とのこれまでの協議内容について
  • 関係する地域の意見を聞く機会の有無について
  • 整備手法の研究状況について

(2)生活道路の整備と管理について

  • 市道パトロールや樹木剪定、除草など生活道路の維持管理に関する見直しの状況について
  • 生活道路(市道や農道等)を一括して維持管理する課の創設について

2.産業振興行政について
(1)乗合タクシーについて

  • 運行されている各地区の状況について
  • 世代に応じ利用(予約)しやすい環境の整備について

(2)水産資源の維持・確保について

  • 種苗放流の効果と今後の対策について

(3)農業者の育成について

  • 人・農地プランに基づいた地域計画の策定について
  • 認定農業者に対するさらなる支援策について

3.福祉保健行政について
(1)福祉と他業種(農業など)との連携について

  • 農福連携の現状とその課題について
  • 農福連携推進チームの創設について

伊川京子

(一問一答)

1.新庁舎建設に伴う課題について
(1)プラットおおむらにある長寿介護課や障がい福祉課が本庁に集約される計画になっているが、プラットおおむらにある他の福祉・医療関連団体との連携について
  • 長寿介護課や障がい福祉課を本庁に移転することで関連団体とともに作り上げられてきた連携体制への影響について
  • 支援を必要とする市民の利便性や的確な対応、スムーズな運営についての関連団体等との協議・研究の必要性について
  • 市の施設移転後の利用計画について
2.3核1モールの考え方について
(1)ミライon図書館、市民交流プラザ・プラットおおむら、コレモおおむらをつないで商店街の活性化を図る考えがあるが、ミライon図書館と商店街等との連携を工夫することについて
3.公共施設の整備について
(1)省資源対策などの環境施策の観点から見た市役所や学校施設等の整備について
  • 福重小学校における施設の省エネルギー化に関するプロポーザルの提案内容について
  • 提案内容から設計に生かされた点について
  • 学校や市役所などの施設整備に係る省資源対策や維持管理費・建設コストの調整の具体的な進め方について
4.体育文化施設の整備について
(1)新体育文化施設基礎調査事業費が計上され、具体的に検討が始められるが、市長が考える文化ホールのイメージについて

 令和5年3月3日(金曜日)午前10時

晦日房和

(一問一答)

1.上下水道行政について
(1)坂口浄水場の小水力発電について

  • 発電量について
  • 二酸化炭素の削減量について

2.福祉保健行政について
(1)新型コロナウイルス感染症について
(2)インフルエンザについて
3.産業振興行政について
(1)高病原性鳥インフルエンザについて

  • 佐世保市江迎町の事例について
  • 本市の防疫体制について
  • 鶏卵価格について

4.要望項目の現状について
(1)総合運動公園のテニスコートのトイレ整備について
(2)大村公園整備について

  • 桜の銘板について
  • さくらマップ・公園案内マップの作成及び案内用看板の設置について

三浦正司

(一問一答)

1.市が実施した本年度の「総合防災訓練」について
(1)実施概要について

  • 参加組織の中の統裁組織、訓練実施組織等について
  • 主要訓練項目と狙い、実施想定、実施の流れ等について

(2)教訓や反省・検討すべき事項等について

  • 教訓事項、特に今後助長すべき事項について
  • 特に教訓として広く徹底すべき反省・検討事項について

(3)今後の総合訓練の在り方について

  • 実員訓練と図上訓練の在り方について
  • 市全般と各自主防災組織との訓練要領について
  • 訓練をコントロールする組織の検討について
  • 国民保護法に基づく避難等の在り方と防災上の避難の在り方の相互関連性を含めた検討について

2.「大村市国民保護計画」について
(1)第2編「平素からの備えや予防」、第2章「避難、救援に関する平素からの備え」、1「避難に関する基本的事項」の(1)「基礎的資料の収集」において、「市は、迅速に避難させる住民の誘導を行うことができるよう住宅地図、道路網のリスト、避難施設のリスト等必要な基礎的資料を準備する。」とあるが、その基礎的資料について

  • 「住宅地図」について
  • 「道路網リスト」の整備について
  • 「避難施設のリスト」のまとめ方について

(2)第3編「武力攻撃事態等への対処」、第4章「警報及び避難の指示等」、第2節「避難住民の誘導等」、4「各種事態における避難住民の誘導」の(1)「弾道ミサイル攻撃」に関連し、どこに「避難」するのかについて

  • 「住民は屋内に避難することが基本」とあるが、住民が避難する屋内の状況(耐性や強度の基準)及び市内における個人の避難(核)シェルター等の状況について
  • 「近傍のコンクリート造り等の堅ろうな施設や建築物の地階等の地下施設」の状況(その位置、収容能力、強度・耐性度)について
  • 避難施設に準ずるような施設や構造物等(例えば、旧軍の現存する防空壕等)の状況について

水上享

(一問一答)

1.総務部行政について
(1)新庁舎建設について

  • 建設設計のコンセプトについて

(2)職員定数について
(3)会計年度任用職員の処遇改善について

  • 期末手当・勤勉手当の支給内容について

2.産業振興部行政について
(1)西九州新幹線開業後の取組について

  • 新大村駅の乗降客数について
  • 新大村駅を起点とした北部循環バスの運行状況について
  • 予約制乗合タクシーの実証運行について

(2)後期高齢者への交通費助成について
3.環境行政について
(1)ゼロカーボンシティの取組について
4.モーターボート競走事業について
(1)令和5年度の経営計画について
(2)従事員の処遇改善について

光山千絵

(一問一答)

1.市庁舎建設について
(1)部署の集約化について

  • 集約化することに対する地元町内会の理解について
  • 集約化するに至った経緯について
  • 集約後の空き施設の利活用について

(2)建設事業費について

  • 本市の財政状況と見通しについて
  • 事業費が134億円となった経過と理由について

(3)建設規模について

  • 他市の事例について

2.子どもの遊び場の充実について
(1)大村市公園施設長寿命化計画について

  • これまでの補修・更新整備内容について
  • 今後の補修・更新整備予定について
  • 都市公園の新設について

(2)市民満足度調査の結果について
(3)市民プール解体後の方針について

  • レジャープールの必要性について
  • 森園公園の機能を損なわないプール施設建設について

(4)既存の公園の利活用促進について

  • 公園利用者のニーズを把握するためのアンケート実施について
  • 公園の周知方法について

3.有事に対する備えについて
(1)避難場所とその周知について
(2)有事の際の連絡手段について

  • 公衆電話設置場所の周知の必要性について
  • 指定避難施設への公衆電話設置について
  • マンホールトイレの設置について

(3)自主防災組織について

  • 結成率について
  • 結成率向上のための取組について

(4)核シェルター整備・難民対策について

竹森学

(一問一答)

1.こども未来行政について
(1)ヤングケアラーへの支援について
(2)本市の産後ケア事業の状況等について
2.福祉保健行政について
(1)今後、全国的に増えつつある医療的ケア児の支援について
3.教育行政について
(1)授業・家庭におけるタブレットの利用状況について
(2)不登校となった児童生徒への支援等について
4.公共交通機関利用について
(1)コミュニティタクシーの利用促進について
(2)高速バス大村インター停留所の利便性等について

令和5年3月6日(月曜日)午前10時

田中秀和

(一問一答)

1.人口ビジョンについて
(1)企業誘致による効果と新幹線開業による効果について

  • 企業誘致の現状と今後の見通しについて
  • 現在までの人口増、誘致決定している企業での人口増の見込みについて
  • 新大村駅前整備による人口増の見込みについて

(2)国勢調査推計人口と住民基本台帳人口との差及び2025年度目標10万人の達成目途について
2.環境センター熱源活用について
(1)高効率発電導入について
3.市有林再整備等振興事業について
(1)すわの森整備の具体的な内容について
(2)レジャー施設としての活用について
4.看板による周知について
(1)モーターボート競走事業収益基金の活用事業の周知について
(2)施設、観光地、史跡等の案内看板について
5.市営住宅について
(1)松原地区への市営子育て支援住宅の整備について
6.教育行政について
(1)ミライへつなぐ学校教育検討事業について
(2)萱瀬小学校、萱瀬中学校の併設への検討課題、方向性、地元協議について

吉田博

(一問一答)

1.総務行政について
(1)歴史民俗資料館(伝承館)について
(2)日中国交正常化50周年への市の関わりについて
2.市民環境行政について
(1)動物愛護について

  • 地域猫活動の推進について

(2)ゼロカーボンシティ宣言について
3.福祉保健行政について
(1)コロナワクチン副反応について
4.都市整備行政について
(1)市道街路樹の落ち葉清掃について
5.こども未来部行政について
(1)保育士の体制について

古閑森秀幸

(一問一答)

1.財政部業務について
(1)事業仕分けについて

  • 財政全体の改革に結び付けていくための「行政の事業仕分け」の取組について

(2)固定資産税・都市計画税の計算方法について

  • 固定資産税・都市計画税の計算方法及び不動産取得税について
  • 課税標準額の算出方法について

2.教育行政について
(1)児童生徒の人権について

  • 児童生徒の人権と教育委員会による人権の守り方について
  • 教育委員会が考える個人情報保護法について

3.民生委員の業務について
(1)業務の名簿の作成について

  • 住民基本台帳の閲覧に代えて担当地域の一覧表を配布することについて

4.総務行政について
(1)消防団の放水訓練施設の建設について

岩永愼太郎

(一問一答)

1.産業振興部行政について
(1)大村市産業支援センターの運営事業について

  • 産業支援センター設立から今日までの総合評価について
  • 産業支援センターの総事業費と事業実績について
  • 産業支援センターを委託事業とするに至った理由と経緯について
  • 令和5年度事業費(債務負担行為)の詳細について
  • 新体制で取り組む産業支援センターの目的と目標について
  • 委託事業者の選定方法及び委託契約の内容について
  • 新しい産業支援センターの推進体制及びセンター長等の採用について

2.市長の政治姿勢について
(1)今期の市長マニフェストの自己評価と今後の展開について
(2)任期満了に伴う次期市長選挙への出馬について

高濵広司

(一問一答)

1.大学等の誘致について
(1)誘致する目的について
(2)誘致の隘路(あいろ)となるものについて
(3)誘致場所などの具体的な構想について
(4)誘致手法について
2.予算編成について
(1)新年度予算編成の特色について
(2)市債について
(3)ボートレース事業収入等について
(4)編成に要する日程等について
3.武道館建設について
(1)建設時期の再検討について
(2)建設場所について
(3)文化ホールとの合築について

令和5年3月7日(火曜日)午前10時

山北正久

(一問一答)

1.市長の政治姿勢について
(1)新幹線が開通したことも踏まえ、多くの市民からは大学誘致を望む熱い「ラブコール」があるが、大学側からの進出希望の状況と市長の大学誘致に対する考えについて
(2)今定例会に提出されている新庁舎内に町内会長会連合会の活動拠点(会議室・各種重要書類等の保管場所)の設置を求める「大村市町内会長会連合会の活動拠点に関する陳情」に対する市長の見解と英断について
(3)これまで県央地域広域市町村圏組合議会において、消防と救急の職員定数増員問題が喫緊の課題であると指摘してきたが、その後、管内3市の管理者(市長)での協議内容や講じられた対策について
(4)全国的に広報紙の全世帯配布を行う自治体が増加していることから、「広報おおむら」及び「市議会だより」の全世帯配布を検討することについて
(5)岸田首相は最重要課題として「異次元の少子化対策」を掲げ、「こども関連予算倍増」を打ち出しているが、少子化対策に詳しい専門家らは「アドバルーン」をたくさん上げても「少子化対策などはすぐに効果が表れるものではない!」と冷ややかであるが、市長の見解について
2.企画政策部行政について
(1)政府とデジタル庁はデジタル機器に不慣れな高齢者らにスマートフォンの使い方やオンラインの行政手続きなどを教える「デジタル推進委員」の配置を進めており、1月末時点で2万3,000人を超える委員を任命しているが、本市における推進委員の推移と今後の活動計画について
3.福祉保健部行政について
(1)白内障手術の保険適用の実態を知らない高齢者が多いようであることから、本市における適用実績の推移とその例、また、啓発活動について
(2)全国的に民生委員の充足率の低下が加速しており、本市も例外ではないことから、急務である「補充対策」の今後の取組について
4.こども未来部行政について
(1)政府は保育士の配置基準の見直しや処遇改善、業務の効率化、負担軽減等を図る方向で議論しており、新年度に向けた待機児童の状況や慢性的な保育士不足の解消策等についても極めて重要であると位置づけているが、本市の現状と今後の対策について
(2)全国で約182万人に上るとの推計が公表されている保育所や幼稚園等に通っていない0歳児~5歳児のいわゆる「無縁児」について、政府は今年4月から「こども家庭庁」の発足と同時に「無縁児」の育児負担を軽減するために保育所の空き定員を活用した定期預かり事業を開始するとしているが、本市における実態調査と自治体としてのケア・対策について
5.教育委員会行政について
(1)文部科学省の調査によると、2021年度の小中学校における不登校の児童生徒は過去最多となる24万6,000人に上り、憂慮すべき事態となっていることから「不登校特例校」の設置促進が全国で始まっているようだが、本市における実態の推移と今後の対策について
(2)小学5・6年生を対象とした「ジュニア救命士」養成を行う講習会が全国的に広がりを見せているが、本市においても授業の一環として導入することについて

永山真美

(一問一答)

1.男女共同参画について
(1)男性の育児参加の促進について

  • 本市の男性職員の育児休暇の取得状況について
  • 公共施設の男性トイレへのベビーベッドやベビーチェア等の設置について

(2)男性の孤立化・孤独化への対応について

  • 男性が安心して相談できる体制づくりについて

(3)男女共同参画の視点からの防災・復興の取組強化について

  • 市防災会議の委員に占める女性の割合について
  • 女性職員の防災現場への参画促進と支援について
  • 大村市地域防災計画について

2.国保について
(1)高すぎる国保税の負担軽減を求める市民の声は止むことがなく、国の施策により未就学児の均等割が5割減免されているが、全国ではさらなる負担軽減策を講じている自治体もあることから、本市でも独自の減免策を検討することについて

  • 子どもの均等割減免の拡充について

(2)未だ新型コロナウイルス感染症の収束の見通しが立たない中、被用者だけでなくコロナによって休業を余儀なくされた事業主に対しても休業補償をすることについて

  • 事業主への傷病手当支給に対する市の見解について

(3)聞こえづらさの解消は認知症の予防にもつながることから、高齢者の健康維持のために無料で聴力検査を実施することについて

  • 特定健診及び後期高齢者健診における無料の聴力検査の実施について

3.高齢者の交通費助成について
(1)高齢者を対象とした交通費助成の実施については、度々要求してきており、今議会には市民団体からの請願も提出されているが、助成に対する市の見解について

  • 高齢者バス・タクシー券の支給について

山口弘宣

(一問一答)

1.福祉行政について
(1)子どもに係る福祉医療費について

  • 現物給付方式の対象者の拡大について
  • 子どもに係る福祉医療費の支給対象を長崎県が高校生まで拡大することについて

2.地籍調査について
(1)現在の調査の進捗状況について
(2)境界確定後の取扱いについて
3.日岳公園について
(1)三浦地区日岳公園の頂上からの景観の回復策についての地元の方との協議の進捗状況及び取組について
(2)日岳公園の頂上からの景観・展望の回復策について
4.西九州新幹線について
(1)新幹線の利用状況及び新大村駅の利用状況について
(2)新大村駅前開発について
(3)西九州新幹線全線フル規格整備への現在の状況と今後の見通しについて

城幸太郎

(一問一答)

1.総務部行政について
(1)市民プール及び森園ファミリースポーツ広場で建設計画が進められている新庁舎について

  • 新庁舎建設基本計画の見直しの進捗状況について
  • 令和5年度当初予算に計上されている「新体育文化施設基礎調査事業」について

2.産業振興部行政・都市整備部行政について
(1)昨年9月23日の西九州新幹線(長崎・武雄温泉間)開業後、半年になるが、今後、本格的に始まる高速交通を生かしたまちづくりについて

  • 空港、新大村駅、高速インターを結ぶ交通手段「おおむらかもめライナー」の実証運行について
  • 新大村駅公園開発の進捗状況について

3.こども未来部行政について
(1)昨年12月に公益財団法人日本財団と締結した「ヤングケアラーとその家族に対する包括的支援推進自治体モデル事業に関する協定」について

  • モデル事業の具体的な内容について
  • ヤングケアラーの早期発見及び教育・福祉・医療の連携、支援の必要性について

4.農林水産振興行政について
(1)本会議初日の施政方針説明にあった、令和5年度から6年度にかけて概ね10年後の目指すべき農地利用の姿を明確化する「地域計画」などの策定について

  • 「人・農地プラン推進事業」について
  • 「地域計画」の具体的な内容について

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

議会事務局 議事調査グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 別館2階

電話番号:0957-52-3828(直通)

ファクス番号:0957-52-3828