ここから本文です。

更新日:2022年4月15日

日中一時支援事業

障がいのある人が日中に活動できる場の創出や社会に適応するための日常的な訓練、障がいのある人を介護している家族の一時的な休息を目的として実施しています。

対象者

身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳交付を受けている人

(注記)介護保険法の規定で事業と同様のサービスを利用できる人は、この限りではありません。

利用者負担額

利用者負担額は、費用の1割です。

利用者それぞれの「障害支援区分」で負担額が異なるため、障害支援区分認定調査が必要です。

また、利用者の負担が大きくならないよう、次のとおり月額負担上限額を設定しています。

市民税非課税世帯等 市民税課税(所得割)世帯合算額
生活保護世帯 非課税世帯 33,000円未満 235,000円未満 235,000円以上
0円 2,500円 5,000円 10,000円 20,000円

  • 世帯の範囲:本人と配偶者(ただし、18歳未満の児童の場合は世帯全員となります)
  • 月額負担額は事業ごとの上限額

利用方法

障がい福祉課の窓口に利用申請書を提出してください。

審査後、利用決定通知書が届いたら、利用するサービス事業所へ直接申し込んで利用してください。

(その際には、「利用決定通知書」と「支給量管理表」を必ずサービス事業所に提示してください)

住所変更など決定内容に変更が生じた場合は、速やかに障がい福祉課へ届け出て下さい。

申請に必要なもの

  • 各種障害者手帳
  • 印かん(認印可・シャチハタ印不可)

利用についての説明・登録事業所の一覧はPDFファイルでご確認ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部障がい福祉課生活支援グループ

856-0832 大村市本町458番地2 プラットおおむら2階

電話番号:0957-20-7306

ファクス番号:0957-47-5419