スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 健康・福祉・子育て > 妊娠・出産 > 妊娠 > 里帰り出産の取り扱い

ここから本文です。

更新日:2015年2月24日

里帰り出産の取り扱い

里帰り先などで妊婦健診を受診する場合(償還払い制度)

里帰り先など長崎県・佐賀県・福岡県外の医療機関にて妊婦健診を受診される場合は、必ず事前に市こども家庭課親子けんこうグループにご連絡ください。依頼書(PDF:49KB)の提出(電話でも可)をお願いします。里帰り先の医療機関と契約内容の確認をします。

里帰り先で大村市妊婦健康診査受診票を使用できる場合

里帰り先の医療機関に受診票をお持ちください。

里帰り先で大村市妊婦健康診査受診票を使用できない場合

妊婦健診の自己負担した費用を助成(償還払い)します。ただし、助成額の上限があります。手続きについては、以下を確認してください。

助成(償還払い)対象となるもの

次のすべての項目に該当する方は、助成の申請ができます。

  1. 妊婦健診で大村市妊婦健診受診票が使えなかった。
  2. 妊婦健診を受診した時は、大村市に住民登録又は外国人登録があった。
    現在、大村市から他の市区町村に転出されている方も申請できます。
  3. 妊婦健診を受診したときに、大村市または他の市町村の受診票等を使った回数は13回以内である。

ただし、次は助成対象外です。

  1. 大村市外の市区町村に転出後、または大村市に転入前に受診した妊婦健診
  2. 大村市の受診票等を14回使った後に受診した妊婦健診
  3. 健康保険が適用される検査等の費用(自己負担の割合が10割ではないもの)
  4. 母子健康手帳の交付前の妊娠判定検査
  5. 出産した後に受ける1か月健診
  6. 日本以外での受診分

申請方法

大村市妊婦一般健康診査受診費用助成申請書(PDF:81KB)に必要な書類を添付して、市こどもセンター(こども家庭課親子けんこうグループ)の窓口へ申請してください。申請書は、申請窓口でも配布しています。

申請に必要なもの

  1. 大村市妊婦一般健康診査受診費用助成申請書
  2. 領収書(一般健康診査に要した費用が確認できるもの)
  3. 大村市の妊婦健康診査受診票(申請を行う回数分)
  4. 振込先口座の通帳のコピー(預金名義人等が確認できるページ)振込先口座は申請者名義のものに限ります。
  5. 母子健康手帳(一般健康診査を受診したことが確認できる箇所の写し)
  6. 認印(申請書に押印が必要です。また、申請書を訂正するのに必要です。)

申請窓口

市こどもセンター(こども家庭課親子けんこうグループ)

妊娠中に転入・転出した場合

妊婦健康診査受診票は、住民票のある市区町村が発行したものに限り使用できます。現在お持ちの妊婦健康診査受診票と母子健康手帳をお持ちになって新しい受診票をお受け取りください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども未来部こども家庭課親子けんこうグループ

856-0832 大村市本町413番地2 大村市こどもセンター

電話番号:0957-54-9100

ファクス番号:0957-54-9174