ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 医療 > 大村市夜間初期診療センター

ここから本文です。

更新日:2020年3月19日

大村市夜間初期診療センター

来院される患者さんへのお願い(新型コロナウイルス感染症対策のため)

新型コロナウイルス感染予防のため、来院の際は必ず事前にお電話ください。

直接来院されますと、建物内に案内できず、待ち時間が長くなったり、建物外でお待ちいただく可能性がありますので、次の受診方法を必ずご確認ください。

受診方法

  1. 来院前に必ず電話で症状をお伝えください。
    (大村市夜間初期診療センター・電話番号:0957-54-9911)
  2. 診療科や混雑状況により案内方法が異なるため、電話時の指示に従って受診してください。
  3. 感染防止のため、来院の際は職員の指示に従っていただき、可能な限りマスク着用(ない場合はタオルやハンカチなど)およびアルコールによる手指消毒にご協力ください。

(注意)当センターでは、新型コロナウイルスのPCR検査は実施できません。

次の症状がある人は、まず「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください

  • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
  • 高齢者や基礎疾患等のある人は、この状態が2日程度続く場合
  • 新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安PDF:119KB)(厚生労働省:令和2年2月17日時点)

帰国者・接触者相談センター

県央保健所・電話番号:0957-26-3306

大村市夜間初期診療センター

診療科目 内科および小児科
診療範囲 急病者の初期診療
診療日 年間を通じて毎日
診療時間 午後7時~10時
診療場所 大村市こどもセンター内(大村市本町413番地2)
電話番号 0957-54-9911(午後7時~10時)

大村市内の専門的で高度な救急医療(二次・三次救急医療)は市立大村市民病院と長崎医療センターが担っていますが、夜間や休日においては、入院や手術が必要な重症患者を限られたスタッフで対応しています。

そうした中、「日中は仕事でいけないから」、「夜は待たなくてよいから」などの理由で、安易に夜間や休日に、救急医療を受診する軽症の患者が増えてきており、重症患者への対応に支障が出かねないと心配する声が救急医療の現場から出ています。

夜間や休日に具合が悪くなった場合で、比較的軽症な場合は、「大村市夜間初期診療センター」や「休日当番医」を利用しましょう。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課健診グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:152)

ファクス番号:0957-53-5572