ホーム > くらしの情報 > ごみ・リサイクル > リサイクル > 使用済み電池について

ここから本文です。

更新日:2021年1月22日

使用済み電池について

家庭用の使用済み電池の種類と処理について

使い切り電池とは(筒型の単1~単4電池、ボタン電池、マンガン電池など)

使い切り電池は、一次電池ともいいます。一次電池(使い切り電池)は、化学反応(電池の消費)が進むと、だんだん電気を起こす力が弱くなっていきます。

充電式電池とは(ニカド電池、携帯電話のバッテリー、家電製品やひげ剃り、掃除機、電動自転車のバッテリーなど)

充電式電池は二次電池ともいいます。二次電池(充電式電池)は電気を起こす力をなくしても、外から電気を送り込む(充電する)ことで、力を取り戻すことができ、繰り返し使うことができます。

使い切り電池(一次電池)の処分方法

  1. 家庭用のアルカリ電池やマンガン電池(一般に使われている筒型の乾電池)は、燃やせないごみの収集日に出してください。
  2. 小型ゲーム機や補聴器に使用されるボタン電池は、市では収集しません。購入した店へ返却するか、ボタン電池回収協力店で回収を依頼してください。

ボタン電池回収協力店(外部サイトへリンク):都道府県、市区町村を指定して確認してください。

ボタン電池回収缶

充電式電池(二次電池)の処分方法

  1. 二次電池は小型充電池式電池とも呼ばれています。
  2. 二次電池の種類は、ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池、小形シール鉛蓄電池です。
  3. 市では二次電池を含む家電製品(家電4品目やパソコンと携帯電話等は除く)の回収は、不燃物置き場で個々の選別回収をしていますので、家電製品は分解せずに不燃物置き場に出してください。
  4. 二次電池の単品は、市では回収しませんので購入した店へ返却するか、二次電池回収協力店で回収を依頼してください。

二次電池回収協力店(外部サイトへリンク):都道府県,市区町村を指定してください。電動アシスト自転車の使用済み小型充電式電池は自転車販売店をクリックして検索してください。

小型充電式電池リサイクルボックス(缶)

携帯電話とシニアカーのバッテリーの処分

携帯電話の処分は、携帯ショップか購入店にお問い合わせください。

シニアカーのバッテリーの処分は、購入店か製造メーカーにお問い合わせください。

リチウムイオン電池等の発火物が原因による発火トラブル

二次電池(小型充電池式電池)は、火災事故の原因となるので絶対に燃やせるごみの中には入れないでください。

リチウムイオン電池による火災トラブル

モバイルバッテリー、加熱式タバコ、電子機器のバッテリーなどのリチウムイオン電池を含む電子機器が、不燃物処理機に混入したことが原因と考えられる発火トラブルが全国の清掃工場で近年増加しています。

乾電池やその他の電池についても、発火の可能性はありますが、リチウムイオン電池は内部に燃えやすい液体が入っていることもあり、発火リスクが特に高いと言われています。

清掃工場における第一段階である「供給コンベア」や「破砕機」の加圧により、リチウムイオン電池が押し潰されることで、ショート・発火し、周囲にあるプラスチックなどに燃え移り、火災になると考えられます。

リチウムイオン電池によるショート・発火したイメージ

あるリサイクル施設の火災写真

(出典:日本容器包装リサイクル協会)

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部環境保全課廃棄物対策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 別館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:143)

ファクス番号:0957-54-0404

市民環境部環境センター

電話番号:0957-54-3100

ファクス番号:0957-52-8683