スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

国民年金のしくみ

1.国民年金は、お互い協力して、将来の生活を支えあう制度です

国民年金は、日本国内に住所のある20歳以上60歳未満のすべての人が加入し、保険料を納め、基礎年金を受ける制度です。

老後の生活や、病気やけがで障がいになったとき、夫に先立たれたときなどに基礎年金を支給し、経済的な支えを行うことを目的とした社会保障制度のひとつで、現役世代が納める保険料が受給世代の給付を支える「世代間の支え合い」のしくみになっています。

2.基礎年金をベースに2階建て

公的年金制度は、20歳以上60歳未満の学生、自営業者などすべての人を加入対象として、各年金制度に共通の基礎年金を支給する「国民年金」と会社員や公務員などを加入対象として基礎年金に上乗せして報酬比例の年金を支給する「厚生年金」で構成されています。

いわゆる2階建ての年金制度です。

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部市民課年金グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:113)

ファクス番号:0957-27-3322