ここから本文です。

更新日:2018年7月19日

国民年金の各種届出

こんなときは、必ず届出を

就職・退職・結婚などにより、国民年金の加入のしかた(種別)が変わるときには、そのつど届出が必要です

第1号被保険者の届出

20歳になったとき(厚生年金・共済組合加入者を除く)

  • 種別:第1号
  • 届出先:市役所市民課国民年金窓口、各出張所

必要なもの

本人が手続きする場合

  • 個人番号が確認できる書類(個人番号カード、通知カードなど)または年金手帳(既にお持ちの場合)
  • 本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)
  • 印かん

代理人が手続きする場合

  • 本人の個人番号が確認できる書類(個人番号カード、通知カードなど)または本人の年金手帳(既にお持ちの場合)
  • 代理人の本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)
  • 本人及び代理人の印かん
  • 委任状(ただし、代理人が住民票上同一世帯の人で、基礎年金番号にて手続きする場合、委任状は不要です。)

会社員や公務員になったとき

厚生年金に加入したとき

  • 種別:第1号から第2号へ
  • 届出先:勤務先
  • 必要なもの:勤務先へご確認ください。

共済組合に加入したとき

  • 種別:第1号から第2号へ
  • 届出先:勤務先
  • 必要なもの:勤務先へご確認ください。

扶養されている配偶者

  • 種別:第1号から第3号へ
  • 届出先:配偶者の勤務先
  • 必要なもの:配偶者の勤務先へご確認ください。

第2号被保険者の届出

会社などを退職したとき

本人の届出

  • 種別:第2号から第1号へ
  • 届出先:市役所市民課国民年金窓口、各出張所

必要なもの

本人が手続きする場合

  • 個人番号が確認できる書類(個人番号カード、通知カードなど)または基礎年金番号が確認できる書類(年金手帳、納付書など)
  • 本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)
  • 印かん
  • 資格喪失証明書・離職票など退職の証明ができるもの

代理人が手続きする場合

  • 本人の個人番号が確認できる書類(個人番号カード、通知カードなど)または本人の基礎年金番号が確認できる書類(年金手帳、納付書など)
  • 代理人の本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)
  • 代理人の印かん
  • 委任状(ただし、代理人が住民票上同一世帯の人で、基礎年金番号にて手続きする場合、委任状は不要です。)
  • 資格喪失証明書・離職票など退職の証明ができるもの

扶養されている配偶者の届出

  • 種別:第3号から第1号へ
  • 届出先:市役所市民課国民年金窓口、各出張所

必要なもの

本人が手続きする場合

  • 個人番号が確認できる書類(個人番号カード、通知カードなど)または基礎年金番号が確認できる書類(年金手帳、納付書など)
  • 本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)
  • 印かん
  • 資格喪失証明書など扶養からはずれたことがわかる証明書

代理人が手続きする場合

  • 本人の個人番号が確認できる書類(個人番号カード、通知カードなど)または本人の基礎年金番号が確認できる書類(年金手帳、納付書など)
  • 代理人の本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)
  • 代理人の印かん
  • 委任状(ただし、代理人が住民票上同一世帯の人で、基礎年金番号にて手続きする場合、委任状は不要です。)
  • 資格喪失証明書など扶養からはずれたことがわかる証明書

退職し配偶者の扶養となるとき(配偶者が第2号の場合)

  • 種別:第2号から第3号へ
  • 届出先:配偶者の勤務先
  • 必要なもの:配偶者の勤務先へご確認ください。

3号被保険者の届出

20歳になったとき

  • 種別:第3号
  • 届出先:配偶者の勤務先
  • 必要なもの:配偶者の勤務先へご確認ください。

会社員や公務員になったとき

厚生年金に加入したとき

  • 種別:第3号から第2号へ
  • 届出先:勤務先
  • 必要なもの:勤務先へご確認ください。

共済組合に加入したとき

  • 種別:第3号から第2号へ
  • 届出先:勤務先
  • 必要なもの:勤務先へご確認ください。

第3号被保険者が配偶者の扶養からはずれたとき(離婚・収入増・雇用保険受給開始などのとき)

  • 種別:第3号から第1号へ
  • 届出先:市役所市民課国民年金窓口、各出張所

必要なもの

本人が手続きする場合

  • 個人番号が確認できる書類(個人番号カード、通知カードなど)または基礎年金番号が確認できる書類(年金手帳、納付書など)
  • 本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)
  • 印かん
  • 資格喪失証明書

代理人が手続きする場合

  • 本人の個人番号が確認できる書類(個人番号カード、通知カードなど)または本人の基礎年金番号が確認できる書類(年金手帳、納付書など)
  • 代理人の本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)
  • 代理人の印かん
  • 委任状(ただし、代理人が住民票上同一世帯の人で、基礎年金番号にて手続きする場合、委任状は不要です。)
  • 資格喪失証明書

年金を受けている人は正しい届出が必要です

届出を忘れたり遅れたりすると、年金の支払い月になっても年金を受けられないことがあります。こんなときは、届出が必要な場合があります。詳しくは、市役所市民課国民年金窓口または諫早年金事務所におたずねください。

  • 住所や氏名を変えたとき(ただし、日本年金機構に個人番号が登録されている人は、届出を省略できます。詳しくは、日本年金機構ホームページ(日本年金機構におけるマイナンバーへの対応)(外部サイトへリンク)をご確認ください。)
  • 年金を受け取る金融機関や郵便局を変えるとき
  • 年金を受け取るための通知をなくしたり、よごしたりしたとき
  • 年金証書をなくしたり、よごしたりしたとき
  • 年金を受ける権利がなくなったとき(遺族基礎年金の受給者自身が婚姻をしたときなど)
  • 年金を受けていた人が死亡したとき
  • 2つ以上の年金を受けている人で、その子に異動があったとき(他の人の養子となったときや生計を異にしたときなど)
  • 年金の支給が停止されるときや停止される事由がなくなったとき

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部市民課年金グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:113)

ファクス番号:0957-27-3322