スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > まちづくり・産業 > 都市計画 > 景観 > 景観形成地区(上小路周辺地区)について

ここから本文です。

更新日:2017年1月17日

景観形成地区(上小路周辺地区)について

上小路周辺地区について

大村市では、「大村市景観条例」に基づき、平成27年8月に良好な景観形成に関する基本的な方針を示した「大村市景観計画」を策定しました。この中で、玖島城の城下町として多くの石垣や石塀、武家屋敷などが残る上小路周辺地区を「景観形成を重点的に取り組む必要がある地区」として「景観形成地区」に指定し、良好な景観形成のために地区ごとに高さ(階数)、規模、色彩等の規制を設け、地区の景観特性の保全・創出を推進しています。建築物新築・増築および土地の形質の変更については景観方針並びに景観基準に努めて設置しなければなりません。

【草場小路】

草場小路のようす

【上小路】

上小路のようす

【小姓小路】

小姓小路のようす

景観形成地区(上小路周辺地区)の区域につきましては次のPDFファイルをご確認ください。

各地区における基本方針および基準

上小路周辺地区全体での景観形成の方向性を踏まえ、地区内の景観特性に応じて4地区に区分し、それぞれの地区別方針を定めています。詳細につきましては次のPDFファイルをご確認ください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部都市計画課景観開発指導グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 第2別館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:433)

ファクス番号:0957-54-9595