スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

身体障害者手帳

目・耳・口・手足、体幹または内部(心臓・じん臓・肝臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能)などに一定の永続する障害のある人に対して、身体障害者福祉法に基づき、県知事が交付する手帳です。各種の援助(税の減免や運賃等の割引など)や、各種サービスを受けるために必要な証明書の役割を持っています。

障害の程度により、1級から6級までの等級があります。

手続きに必要なもの

  • 身体障害者手帳交付申請書
    (下記の書類がそろった後、窓口でご記入ください)
  • 指定医師の指定様式による診断書・・・県の指定を受けた医師が記入したもの。
    (申請日より3か月以内のものが必要です。指定様式による診断書は障がい福祉課にあります。また、長崎県のホームページからもダウンロードできます。)
  • 印かん
  • 顔写真1枚(たて4センチ、よこ3センチ)
    (1年以内に撮影し、無背景で上半身無帽、顔が正面を向いてはっきり写っているもの。ポラロイド写真および家庭用プリンタで印刷した写真は耐久性がないため使用できません。)
  • 個人番号がわかるもの(個人番号カード、個人番号が記載された住民票など)
  • 身分証明書(運転免許証など)
  • 等級変更および障害名追加、再認定の場合は、現在お持ちの身体障害者手帳

申請手続き後について

長崎こども・女性・障害者支援センターで申請書が審査され、認定されると障がい福祉課に身体障害者手帳が送付されます。手帳が到着しましたら申請者にご連絡しますので、障がい福祉課までお越しください。
通常、申請から審査の結果がわかるまで約1か月~2か月ほどかかりますが、障害の内容によってはさらに期間が延びる場合もあります。
申請が却下された場合は、長崎こども・女性・障害者支援センターから却下通知が送付されます。

手帳取得後の各種手続きについて

  1. 住所変更、氏名変更、死亡
    手帳をお持ちの人が転入、転出、転居により住所変更された場合、婚姻等により氏名変更された場合、お亡くなりになられた場合は、障がい福祉課へ届出が必要です。手帳と印かんを持参のうえ、障がい福祉課で手続きをしてください。
  2. 手帳の等級変更
    手帳の交付を受けた後、障害の程度が重くなったり軽くなったりした場合は、手帳を取得した時と同様に診断書などを添えて障がい福祉課へ申請してください。
  3. 手帳の再認定
    再認定が必要な人は、県から本人へ通知があります。再認定月前に手続きを行ってください。

 

 

お問い合わせ

福祉保健部障がい福祉課生活支援グループ

856-0832 大村市本町458番地2 中心市街地複合ビル2階

電話番号:0957-20-7306

ファクス番号:0957-47-5419