スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > まちづくり・産業 > 農林水産業 > 大村市の林業 > 大村市特定間伐等促進計画の策定について

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

大村市特定間伐等促進計画の策定について

森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法(間伐等特措法)について

森林は、国土の保全、水源のかん養等のほか、二酸化炭素の吸収源として重要な役割を果たしています。その機能を高め、集中的な間伐等の実施の促進を図るため、平成25年5月31日に「森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法(以下「間伐等特措法」という。)が一部改正され、公布・施行されました。

大村市では、間伐等特措法に基づく長崎県の基本方針により、特定間伐等促進計画(以下「促進計画」という。)を作成しましたので、お知らせします。

促進計画の内容

大村市特定間伐等促進計画では、平成25年度から32年度までの8か年で、市内の間伐および造林の目標面積を定め、いつ(実施時期)、どの森林を(実施場所)、どんな施業を行う(間伐、造林)などの計画を立てたてたものです。

なお、促進計画区域等を示した図面をご覧になる場合は、大村市役所農林水産整備課林務水産グループまでお越しください。

よくある質問

お問い合わせ

産業振興部農林水産整備課林務水産グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 第2別館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:254)

ファクス番号:0957-54-9567