スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > まちづくり・産業 > 農林水産業 > 大村市の林業 > 森林の土地の所有者届出制度

ここから本文です。

更新日:2016年11月15日

森林の土地の所有者届出制度

森林の土地を取得した時には届け出が必要になります

平成23年4月の森林法改正により、平成24年4月以降、森林の土地の所有者となった人は、市町村長への届け出が義務づけられました。

届出対象者

個人・法人を問わず、売買や相続などにより森林(注意1)の土地を新たに取得した人は、面積に関わらず届け出をしなければなりません。

  • (注意1)都道府県が作成する地域森林計画の対象となっている森林です。登記上の地目によらず土地が森林の状態となっている場合には、届出の対象となる可能性が高いのでご注意ください。地域森林計画の対象であるかどうかは、土地のある市町村林務担当課(大村市農林水産整備課または県央振興局森林土木課)までお問い合わせください。

ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届け出(注意2)を提出している人は対象外です。

  • (注意2)国土利用計画法に基づき、次の面積以上の土地の売買契約をした時は事後届け出が必要です。市街化区域:2,000平方メートル以上、その他の都市計画区域:5,000平方メートル以上、都市計画区域外:10,000平方メートル以上

届出期間

土地の所有者になった日から90日以内に、取得した土地のある市町村長に届け出をしてください。

届け出に記載する事項

  • 土地所有者となった者の氏名または名称、住所、法人の場合は代表者氏名
  • 前土地所有者の氏名または名称、住所、法人の場合は代表者指名
  • 土地の所有者となった年月日
  • 土地の所有権の異動の原因
  • 土地の所在、面積
  • 備考として、土地の用途、境界の把握の有無、その他必要な事項を記載

届け出の添付書類

  • 登記事項証明(写しも可)
  • 権利取得の原因となる事実を証する書面(土地の売買契約書、相続分割協議の目録、土地の権利書等の写し)
  • 土地の位置を示す図面(任意の図面に大まかな位置を図示)

なお、取得した森林を伐採する場合は、伐採届の提出が必要になります。

届け出の提出先

土地のある市町村林務担当課(大村市農林水産整備課)

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業振興部農林水産整備課林務水産グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 第2別館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:254)

ファクス番号:0957-54-9567