スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

大村市のあゆみ

古くは、キリシタン大名「大村純忠」が統治していた城下町で、明治時代に入ると歩兵第46連隊が駐屯、大正時代に入り海軍航空隊が開設されました。昭和時代に入ると東洋一を誇る第21海軍航空廠が設置され、軍都として栄えました。

明治22年町村制施行により、1町8か村が設けられ、大正14年大村町と大村の1町1村が合併して大村町となり、さらに昭和14年には、大村町に西大村と竹松村が合併されました。海軍航空廠が設置されたことによる人口増を背景に、昭和17年2月11日、大村町に萱瀬村、松原村、福重村、鈴田村、三浦村が合併し市政を施行しました。その後昭和38年に東彼杵町武留路郷を編入し、現在に至っています。

その後、昭和50年5月には世界初の海上空港が完成、平成2年には長崎自動車道が開通し、交通アクセスの利便性を活かした着実な街づくりが進んでいます。また、地価も安く、住環境の整備も整い、年間千人強の人口増があります。

よくある質問

お問い合わせ

企画政策部広報戦略課広報推進グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:204)

ファクス番号:0957-54-0300