スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

肥満

体重は、身近にわかる健康のバロメーターです。

体重が増えると、糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病に大きく関係があるといわれています。

  • 「体重を減らしたいけど、なかなかできない…」
  • 「お医者さんからやせるようにと言われたけど、どうしたらいいのかわからない…」
  • 「今までいろんなダイエットをしたけど、リバウンド…」

という人などがいると思います。

そこで無理なくできる方法のひとつとして、自分の体重を測り、記録することが効果的だといわれています。

まずは自身の体重を知り、「いつまでに、何キログラムの減量を目指すか」目標を定めましょう。毎日体重を測ることで、体重が増えすぎないうちに気づくことができます。

これは、急激にやせる方法ではないので、リバウンドが起こりにくいと言われます。

体重の記録に役立つ、「体重グラフの測り方・記入方法」「体重グラフ」を作成しました。

ぜひ、ご利用ください。

また、具体的な方法を知りたい人は、「国保けんこう課健康づくりグループ」までご相談ください。

【体重グラフ】


よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課健康づくりグループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:140)

ファクス番号:0957-53-5572