スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > よくある質問 > よくある質問:子育て > ひとり親家庭 > ひとり親家庭を対象とした資金などの貸し付け制度はありますか?

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

ひとり親家庭を対象とした資金などの貸し付け制度はありますか?

質問

ひとり親家庭を対象とした資金などの貸し付け制度はありますか?

回答

母子および父子家庭並びに寡婦の経済的自立と生活意欲の助長を支援するため、長崎県では「母子・父子・寡婦福祉資金」を低利または無利子でお貸ししています。
詳しくは、こども家庭課(母子父子自立支援員)にお問い合わせください。

(1)事業開始資金:事業を始めたいときに
(2)事業継続資金:事業を継続するために
(3)技能習得資金:知識や技能の習得のために(母・父)
(4)修業資金:知識や技能の習得のために(子)
(5)医療介護資金:医療・介護を受けるために
(6)生活資金:技能習得、医療介護資金を受けているときなどに
(7)就職支度資金:就職準備のために
(8)住宅資金:住宅の増改築保全または建築・購入のために
(9)転宅資金:転居時の敷金・権利金などに充てるために
(10)修学資金:子どもが高校、大学等に修学するために
(11)就学支度資金:入学準備のために
(12)結婚資金:子どもの婚姻支度のために

お問い合わせ

こども未来部こども家庭課こども家庭支援グループ

856-0832 大村市本町413番地2 大村市こどもセンター

電話番号:0957-54-9100

ファクス番号:0957-54-9174