スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

資源物

「資源物」月1回収集「容器包装リサイクル法」で分別します

出し方

ふたのある容器類はふたをはずし、中身を出し切り、軽くすすいで乾かす。
町内会で決められた場所、時間などに従って出してください。(時間について町内会の取り決めがない場合は、日割り表の日の午前8時30分まで)

区分

9区分(ただし、アルミ缶を集団回収業者と取引契約している町内は、10区分)

かん:専用コンテナへ(中身が入ったもの、農薬の缶、大きい缶は不可)(アルミ缶を集団回収業者と取引契約している町内は、スチール缶と分ける)
びん:専用コンテナへ(油びん、化粧びん、哺乳びん、耐熱ガラス、ガラス皿などは「燃やせないごみ」へ)
古紙:「新聞紙(広告紙含む)」・「段ボール」・「雑誌・厚紙その他紙」の3区分毎に、くくる。
古繊維:市販の無色透明のごみ袋で出す。(ナイロン100%製品、座布団、ぬいぐるみなど、中に綿などが入っている物は資源物の対象になりません。これらは、45リットルの指定袋に入るものは「燃やせるごみ」へ。入らない物は「燃やせないごみ」へ)
ペットボトル:市販の無色透明のごみ袋で出す。ラベルはついたまま。ふたをはずす。
プラスチック製容器包装:白色トレイ・その他の容器類の2区分毎に、市販の無色透明のごみ袋で出す。(白色トレイ・その他の容器類)のみ「燃やせないごみの日」に出す。

資源物の出し方早見表

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部環境センター総務グループ

856-0815 大村市森園町1470番地

電話番号:0957-54-3100

ファクス番号:0957-52-8683