スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2016年5月12日

松原鎌・包丁

800年程前、日本の国では、源氏と平氏の2大勢力が争いを続けていましたが、次第に源氏の力が強くなり文治元年(1185)壇ノ浦(山口県)の合戦で平氏は敗れてしまいました。もともと、刀鍛冶として大和の国(奈良県)に住んでいた並衝行春氏は、刀工として平氏一門に入り、合戦に敗れた後は、源氏の追討を逃れて日向の国(宮崎県)に身を隠しました。1400年時代になると、日本は各地の領主の勢力争いが激しくなり(戦国時代)刀剣の需要も多くなってきました。松原村郷土誌によると、「文明6年(1474)並衝氏の子孫が日向の国から、肥前の国大村(長崎県)の松原に来て八幡神社の境内で刀を鍛え、また、農民の要望に応じてこの時に初めて月型の鎌が造られた」と記してあります。
500年の伝統を持つ松原鎌・包丁は切れ味と粘り強さを備えた極上の手打ち庖丁です。ご家庭用として、またご贈答用としても喜んでいただける逸品です。

 

1

松原鎌

 

よくある質問

お問い合わせ

産業振興部観光振興課ふるさと物産室

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:292)

ファクス番号:0957-54-7135