スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > よくある質問 > よくある質問:税金 > 固定資産税 > 農地転用許可を受けた畑の固定資産税が上がりました。今でも作物を栽培しているのですが、現況課税ではないのですか?

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

農地転用許可を受けた畑の固定資産税が上がりました。今でも作物を栽培しているのですが、現況課税ではないのですか?

質問

農地転用許可を受けた畑の固定資産税が上がりました。今でも作物を栽培しているのですが、現況課税ではないのですか?

回答

農地転用がなされた土地については、宅地などとしての潜在的価値を有しており、売買価格も宅地などに準じた水準にあると考えられますので、売買などにおいて制限があるその他の一般の農地との均衡上、農地としてではなく、宅地並の課税となります。農地を宅地にするのには造成が必要となりますので、宅地としての評価額から造成費相当額を控除して評価します。

お問い合わせ

財政部税務課資産税土地グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:121)

ファクス番号:0957-27-3323