スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > よくある質問 > よくある質問:税金 > 個人市・県民税 > 医療費控除の申告の仕方や対象額などについて教えてください。

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

医療費控除の申告の仕方や対象額などについて教えてください。

質問

医療費控除の申告の仕方や対象額などについて教えてください。

回答

1年間に受診した医療機関などの領収書を持参のうえ申告してください。

医療費控除を受ける場合は、前年1年間に病気のために受診した医療機関などの全ての領収書を準備し、確定申告または市・県民税の申告を行う必要があります。
対象者は、申告を行うご本人のほか生計を一にする親族です。申告に来られる前には、人、医療機関ごとに支払った額とそれを足し合わせた医療費の総額を計算してください。
また、支払った医療費に対して、補てん金(生命保険金、高額療養費など)がある場合は、どの医療費にいくら補てんされたかを計算してください。
控除額は、その人の所得により異なりますので、詳しくは税務課へお尋ねください。

お問い合わせ

財政部税務課市民税グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:122)

ファクス番号:0957-27-3323