スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > よくある質問 > よくある質問:福祉 > 障害者福祉 > 精神障害1級の手帳を交付頂いております。特別障害者手当の受給は可能でしょうか?

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

精神障害1級の手帳を交付頂いております。特別障害者手当の受給は可能でしょうか?

質問

精神障害1級の手帳を交付頂いております。
特別障害者手当の受給は可能でしょうか?

回答

特別障害者手当の対象者は、精神または身体の重度の障害により常時特別な介護を必要とする在宅の人で、精神または身体障害者手帳の所持は要件ではありません。
まず、かかりつけの医師または専門医に特別障害者手当の認定基準に該当するかどうかお尋ねになり、該当するとのことであれば障がい福祉課までご来庁ください。診断書など申請に必要な書類の説明などをします。

<特別障害者手当個別基準(精神障害)>
精神の障害として、統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害、気分(感情)障害、症状性を含む器質性精神障害、てんかん、知的障害、発達障害などの区分があります。これらに、「日常生活能力の程度」食事、用便、衣服の着脱、家族との会話などができないなど8項目において相当数該当する必要があります。

お問い合わせ

福祉保健部障がい福祉課生活支援グループ

856-0832 大村市本町458番地2 中心市街地複合ビル2階

電話番号:0957-20-7306

ファクス番号:0957-47-5419