スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > よくある質問 > よくある質問:年金・保険 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度の患者負担と介護保険の自己負担の合算額について年間の自己負担限度を設定する高額医療・高額介護合算制度とはどのような制度ですか

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

後期高齢者医療制度の患者負担と介護保険の自己負担の合算額について年間の自己負担限度を設定する高額医療・高額介護合算制度とはどのような制度ですか

質問

後期高齢者医療制度の患者負担と介護保険の自己負担の合算額について年間の自己負担限度を設定する高額医療・高額介護合算制度とはどのような制度ですか

回答

高額医療・高額介護合算療養費の支給
同一世帯の後期高齢者医療制度の被保険者で、1年間(毎年8月から翌年7月末日)の医療費の自己負担と介護サービスの自己負担を合算した額が限度額を超えた場合、申請によって限度額を超えた額が高額医療・高額介護合算療養費として支給されます。
毎年1月頃に支給対象になる人へ申請書を送付しますので、国保けんこう課へ申請してください。
[申請時に必要なもの]
(1)高額医療・高額介護合算療養費支給申請書
(2)後期高齢者医療制度の被保険者の印鑑(朱肉を使用するもの)
(3)後期高齢者医療の被保険者証
(4)介護保険の被保険者証
(5)マイナンバー(個人番号)確認書類
(6)身分証明書(運転免許証など)

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課後期高齢者医療グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:110)

ファクス番号:0957-53-5572