スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > よくある質問 > よくある質問:年金・保険 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度の医療費の自己負担割合について教えてください

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

後期高齢者医療制度の医療費の自己負担割合について教えてください

質問

後期高齢者医療制度の医療費の自己負担割合について教えてください

回答

自己負担割合は1割または3割です。
医療機関などの窓口において、医療費の1割(現役並み所得者は3割)を負担します。
自己負担割合や自己負担限度額は、毎年8月1日を基準日に前年中の所得と収入から判定します。
(1)負担割合の判定方法
現役並み所得者に該当するかどうかは、同一世帯の後期高齢者医療制度の被保険者の人の所得と収入で判定します。
(2)現役並み所得者(3割負担)
同じ世帯で後期高齢者医療制度の被保険者のうち1人でも市民税の課税所得が145万円以上ある場合、その世帯の被保険者全員が該当します。

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課後期高齢者医療グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:110)

ファクス番号:0957-53-5572