スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > よくある質問 > よくある質問:都市計画 > 土地開発 > 土地開発協議を行う場合、提出する書類はどのようなものが必要ですか?

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

土地開発協議を行う場合、提出する書類はどのようなものが必要ですか?

質問

土地開発協議を行う場合、提出する書類はどのようなものが必要ですか?

回答

土地開発協議書(様式第1号)に添付する書類については次のとおりです。
[提出書類・図面]
周知状況報告書(様式第3号)、位置図、土地利用計画図、字図、現況平面図、実測測量図、計画縦横断図、給排水計画図、雨水排水計画図、雨水排水流域図、構造図、流量計算書、その他市長が必要と認める資料
[提出部数]
正本…1部、副本…12部

[注意事項]
(1)字図の赤線および青線は着色にて明確に表示してください。
(2)各字図には、開発区域を着色し明確に表示するとともに、開発区域に隣接する土地の所有者、面積、地目を明記してください。
(3)周知状況報告書(様式第3号)は周知を完了したら7日経過後速やかに提出してください。
(4)完成届(様式第3号)は部数確認のうえ、完成後7日以内に提出してください。

お問い合わせ

都市整備部都市計画課景観開発指導グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 第2別館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:433)

ファクス番号:0957-54-9595