スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > よくある質問 > よくある質問:パスポート > 申請手続 > パスポートの申請手続では、どうして窓口で申請者本人や代理人の確認が厳しいのですか。

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

パスポートの申請手続では、どうして窓口で申請者本人や代理人の確認が厳しいのですか。

質問

パスポートの申請手続では、窓口で申請者本人や代理人の確認がどうして厳しいのですか。

回答

パスポート(旅券)は、所持人が海外に渡航する際に、国籍や身分について日本国が証明する公文書で、世界で最も通用度の高い身分証明書です。身分を偽るなどの不正な手段で発行を受けたり、盗難されたパスポートの悪用などによって、国際的な犯罪が起きる危険性があります。そのため、申請の際には厳しい審査をさせていただいていることを、ご理解ください。

意外に知られていない事実ですが、パスポートの所有権は国にあります。名義人にはこれを所持し、法律の範囲内での使用が認められるものです。

お問い合わせ

市民環境部地域げんき課政策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:185)

ファクス番号:0957-52-6722