ホーム > よくある質問 > よくある質問:年金・保険 > 介護保険 > 住宅改修助成の申請手続きについて

ここから本文です。

更新日:2020年10月28日

住宅改修助成の申請手続きについて

質問

住宅の改修を考えています。助成があるそうですが、どのような手続きが必要ですか。

回答

高齢者の生活環境を整える住宅改修の助成には、「介護保険」で行われるものと、「自立支援事業」で行われるものの二つがあります。
いずれの場合も、まずは要介護認定の申請を行う必要があります。申請は長寿介護課で受け付けています。
審査の結果、要支援1・2または要介護1~5と判定された人は「介護保険」にて住宅改修費の支給が受けられます。
審査の結果、非該当と判定された場合も、地域包括支援センターが作成するケアプランで住宅の改修が必要と認められた人は「自立支援事業」にて住宅改修費の支給が受けられます。
希望される人は、担当のケアマネジャーまたは長寿介護課(地域包括支援センター)にご相談ください。また、それぞれの助成費用や条件などは関連リンクでご確認ください。

お問い合わせ

福祉保健部長寿介護課給付グループ

856-0832 大村市本町458番地2 プラットおおむら2階

電話番号:0957-20-7301

ファクス番号:0957-53-1978