ここから本文です。

更新日:2018年4月27日

収納課

収納課の業務内容紹介

収納課は3グループあり、市県民税・固定資産税・軽自動車税・国民健康保険税・介護保険料などについて徴収しています。また、土曜日午前中も業務を行っています。

収納課の業務内容は、税負担の公平性を図るため納付期限までに納付がなかった場合の滞納処分など、次のことを行っています。

納付催告

文書(催告書など)の発送や電話による催告、自宅や勤務先などへの訪問

窓口収納

  • 平日午前8時30分から午前9時と午後3時から午後7時までの窓口収納(午前9時から午後3時までは市会計課内の銀行窓口、市会計課窓口で納付できます。)
  • 土曜日(祝日除く)の午前8時30分から正午までの窓口収納

納付の相談

分割納付書・計画書作成。納付誓約書提出を受け履行の確認

各種調査

資産(預貯金・給与・不動産・生命保険など)の調査。実態調査(市外在住者)

滞納処分

  1. 差押(預貯金・給与・不動産・生命保険・動産など)
  2. 公売・取立て
  3. 換価代金の充当
  4. 参加差押、交付要求

管理グループ

滞納者・滞納法人などの財産調査や滞納処分(差押・交付要求・執行停止など)を行っています。

滞納繰越及び不納欠損処分、決算事務、諸統計・調査報告に関することを行っています。

固定資産評価審査委員会に関することを行っています。

債権回収グループ

市税以外(保育料・住宅使用料など)の連絡調整・指導や強制執行・訴訟などの手続きの調整を行っています。

市債権一元化に関することを行っています。

納税グループ

長期・高額滞納分の整理促進、公売(インターネット公売・他自治体との合同公売会など)執行などを行っています。

滞納者・滞納法人などの財産調査を行っています。

長崎県地方税回収機構に関することを行っています。

新規滞納者の抑制、納期内納付の啓発を行っています。