ここから本文です。

更新日:2020年4月28日

病児保育施設の利用について

4月16日に全国を対象とした新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が発令されておりますが、病児保育施設を含む保育所等につきましては感染予防に留意したうえで原則開所するという国の方針が示されています。

本市としましても引き続き受入れを行っていきますが、今後につきましては、今まで以上に感染拡大防止に努める必要があるため、病児保育施設の利用について次のとおりとしますので、保護者の皆さまのご理解、ご協力をよろしくお願いします。

お預かりの際の対応について

原則、通常どおりお預かりしますが、お預かりの際に児童の病状や近況など、詳細な状況確認を行わせていただきます。また、かかりつけ医を受診された場合でも、必要に応じて病児保育施設において診察を受けていただく場合があります。状況確認の結果、病児保育の利用を控えていただく場合があります。

なお、コロナウイルス感染症の診断が確定した児童および感染が疑われると判断した児童については、利用ができません。

その他

かぜの症状や37.5度以上の発熱が4日以上続くなど、感染が否定できない場合は、県に設置されている「帰国者・接触者相談センター」へご相談ください。

よくある質問

お問い合わせ

こども未来部こども政策課施設利用グループ

856-0832 大村市本町413番地2 大村市こどもセンター

電話番号:0957-54-9100

ファクス番号:0957-54-9174