ここから本文です。

更新日:2023年4月3日

円融寺庭園

円融寺庭園

円融寺は承応元年(1652年)4代藩主大村純長により創建された天台宗の寺跡です。純長は幕府勘定奉行伊丹播磨守勝長の四男で、3代藩主大村純信の養子となりました。徳川家光の裁可により跡目相続が許された恩義に報ゆるため、徳川家の位牌を祭ることを願い出て、特別に許可を得たゆかりの寺です。建立にあたっては、捕鯨業で我が国屈指の資産家となった豪商深沢義太夫の寄進によるものと伝えられています。明治元年に廃寺となり、せい忠蛍そして今は護国神社といい、戊辰の役戦死者の墓、三十七士の碑、明治以降戦没者の忠魂碑などがあります。

また、境内には、斜面を利用した枯山水の石庭が残り、江戸初期の様式を伝える名園といわれています。この庭の最大の特色は規模の雄大さと傑出した三尊方式石組にありますが、東西50mに及ぶ山畔を利用し、400個以上の石を組み合わせる構成は見事なもので、江戸初期様式の石組庭園としては全国にも数少ないものといわれています。

 

よくある質問

お問い合わせ

大村小学校

856-0834 大村市玖島1丁目61番地

電話番号:0957-53-7117

ファクス番号:0957-53-7118