ここから本文です。

更新日:2020年4月3日

渡邉昇

渡邉昇

坂本龍馬から頼まれて、長州藩と薩摩藩の同盟に大きな働きをした。

天保9年(1838年)4月8日、玖島城下岩船で渡邉巌の次男として生まれました。兄は渡辺清です。

負けん気の強い昇は、剣を学び、また藩校五教館で書を学びました。

その後江戸で、剣を齋藤弥九郎の錬兵館に、書を安井息軒のもとで学びました。

そのころ、錬兵館の塾頭が長州藩の桂小五郎で、後に新撰組の局長となる近藤勇ともそのころ知り合っています。また、長州藩の高杉晋作を訪ね藩に帰った昇は、藩論を倒幕にまとめるために活動します。やがて、大村藩は大村純熙を中心に勤王にまとめり、薩摩と長州に昇を派遣し、同盟関係を結びます。

長崎で坂本龍馬と会った昇は、薩長同盟の必要性を説かれ、長州藩に薩摩との同盟を働きかけるように頼まれました。

明治になって「浦上四番崩れ」と呼ばれる潜伏キリシタン発覚事件の難しい処分に携わり、その後、大阪府知事、会計検査院長を歴任。

刺客としても全国に知られた昇は、大日本武徳会の役員として、近代日本の剣道の発展に尽くしました。

よくある質問

お問い合わせ

大村小学校

856-0834 大村市玖島1丁目61番地

電話番号:0957-53-7117

ファクス番号:0957-53-7118