ここから本文です。

更新日:2020年4月3日

荒木十畝

十畝

近代日本画壇を率いた人物。
横山大観と並び称される日本画会幹事。

明治5年(1872年)、玖島城下久原で朝永兵蔵・寿賀の次男として生まれました。

名を悌二郎といい、旧制大村中学在学中には、すでに「琴湖」という雅号で絵を描いていました。

明治25年(1892年)上京し、野村素介の紹介で荒木寛畝の塾に入門、その画才が認められ、寛畝の娘・鈴と結婚して荒木家を継ぎ、雅号も「十畝」と改めました。

伝統的日本画を継承しようとする保守派と、日本画の改革を行おうとする急進派の対立がある中で十畝は「守旧斬新主義」を掲げ、伝統的な日本画を継承しつつ、新しい日本画の構築に取り組みました。

花鳥図を得意とした十畝は、明治40年から開催された文部省美術展覧会「文展」で、川合玉堂や横山大観などとともに審査員を務めました。寛畝の死後、十畝の作風は伝統的な様式から華やかな花鳥図に変わり、一門の総帥として帝国展覧会「帝展」の審査員などを務め、日本画壇で保守派のリーダーの一人として活躍しました。

やがて十畝は、西洋風と東洋風の根本的な違いに目を向け「東洋画は精神的で西洋画は物質的である」ととらえ、精神性の高い作風へと変わっていきます。

昭和19年(1944年)72歳で亡くなりました。

よくある質問

お問い合わせ

大村小学校

856-0834 大村市玖島1丁目61番地

電話番号:0957-53-7117

ファクス番号:0957-53-7118