ホーム > くらしの情報 > 交通 > 地域公共交通再編事業 > 大村市地域公共交通再編実施計画を策定しました

ここから本文です。

更新日:2020年6月19日

大村市地域公共交通再編実施計画を策定しました

計画について

平成27年度に策定した「大村市地域公共交網形成計画」で定めた方針や目標の実現に向け、木場スマートインターチェンジの供用開始やミライonの開館、九州新幹線西九州ルートの開業といった大村市の都市構造の変化にあわせた地域公共交通の再編を実施するため、具体的な内容について計画するものです。

再編方針

方針1:市街地を運行する路線バスの運行間隔の短縮

  • 昼間帯における市街の幹線バスを概ね30分間隔で運行する
  • 平日の朝夕の時間帯は、通勤通学の利用者を考慮し、現状の運行を維持する

方針2:郊外の移動手段の見直しによる利便性向上

  • 郊外の路線については、昼間の時間帯に集落付近を通るデマンド型乗合タクシーを導入し、運行経路を見直す
  • 郊外路線区間で利用の少ない、昼間の時間帯のバスを利用の多い幹線バス区間に投入する

方針3:新幹線開業に合わせたバス路線の新設及び既存路線の見直し

  • 九州新幹線西九州ルート開業にあわせ、新大村駅(仮称)と車両基地駅(仮称)を新たな拠点とした買い物や通院など市北部住民の生活を考慮したバス路線を新設する
  • 長崎空港、新幹線駅(新大村駅(仮称))、高速バス(大村IC)の高速交通の拠点を結び、大村市を中心として長崎県内への移動を可能とする公共交通体系を構築する
  • 新幹線新駅の近隣を通る既存路線については、新駅へ乗り入れを検討する

計画の実施予定期間

令和2年度から令和6年度の5年間

「大村市地域公共交通再編実施計画」および「同計画(概要版)」について

次よりダウンロードしてください

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業振興部商工振興課交通政策室

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:249)

ファクス番号:0957-54-7135