ホーム > くらしの情報 > 安全・安心 > 救急・救命 > AED > AEDの設置者は点検をしましょう

ここから本文です。

更新日:2020年10月1日

AEDの設置者は点検をしましょう

緊急時に、AED(自動体外式除細動器)を正常に使用していただくため、日頃からの点検を心掛けてください。

電極パッドやバッテリなどには使用期限や寿命があり、設置してから日時が経過している場合には特に注意が必要です。
いざというときに、AEDをきちんと使用できるよう、AEDの設置者は適切な管理を行いましょう。

インジケータの確認

AEDには、正常に作動するかどうかを示すインジケータが付いています。

インジケータとは、AED本体の状態を確認するためのランプや画面のことです。

点検担当者は、インジケータの表示が使用可能な状態を示していることを日常的に確認し、記録しましょう。

電極パッドやバッテリの交換

AEDの電極パッドやバッテリには、使用期限や寿命があります。
AEDを正常に作動させるために、日頃から消耗品の交換時期を把握し、適切に交換しましょう。

よくある質問

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課健診グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:152)

ファクス番号:0957-53-5572