ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症 > インフルエンザ情報

ここから本文です。

更新日:2024年2月20日

インフルエンザ情報

インフルエンザは、インフルエンザウイルスを原因とする気道感染症で、約1週間で軽快しますが、呼吸器、循環器などに慢性疾患を持つ人は、その病状が悪化したり、小さなお子さんの場合、熱性痙攣や気管支喘息を誘発することがあります。

手洗い・手指消毒、適切なマスクの使用、換気などの基本的な感染対策を行い、予防に努めましょう。

発生状況

令和5年2月中旬以降、定点あたりの報告数が直近5年間の同時期と比較して多い状態で推移しています。例年より早く本格的に流行する可能性があり、注意が必要です。

第6週(令和6年2月5日~2月11日)

第6週の報告数は1961人で、前週より93人多く、定点当たりの報告数は28.01と警報終息基準の10を上回っており、12週続けて警報レベルを超えた状態が継続しています。

年齢別では、10~14歳(664人)、8歳(193人)、9歳(185人)の順となっています。

定点当たり報告数の多い保健所は、長崎市保健所(46.06)、県北保健所(34.50)、県央保健所(30.82)です。

県央地区定点当たりの報告数(30.82)は前週の34.27より減少していますが、警報開始基準の30を上回っていますので、警報継続中です。

インフルエンザワクチンは発症および重症化を一定程度予防する効果があります。希望する人は、かかりつけ医と相談のうえ、ワクチンを接種しましょう。

学級閉鎖情報

長崎県2023/2024シーズンのインフルエンザ臨時休業措置等(外部サイトへリンク)

よくある質問

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課健診グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:152)

ファクス番号:0957-53-5572