ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症の流行期にこころの健康をたもつために

ここから本文です。

更新日:2020年7月31日

新型コロナウイルス感染症の流行期にこころの健康をたもつために

新型コロナウイルスとこころの健康

新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちの生活は大きく変化しています。感染への不安や恐怖、新しい生活への順応など、負担や疲れを感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか。こうしたストレス状態が長く続くと、気持ち、からだ、考え方に様々な変化があらわれることがあります。

新型コロナウイルス感染症の流行期にこころの健康を保つために(リーフレット)(PDF:1,091KB)

こころをいたわるポイント

体調を落ち着いて確認しましょう

熱を測ったり、体調を記録するなど客観的に判断しましょう。

睡眠・起床のペースをくずさないように

しっかり食事をとり、できるだけ体を動かし、十分な休養をとるよう心がけましょう。

感情をありのままに受け止めましょう

あなたの心の状態はどうか、あなた自身と対話する時間を持ちましょう。

楽しくリラックスできる活動を心がけましょう

お気に入りの本を読んだり、音楽を聴いたり、ストレッチをすることも良いでしょう。

ささいなことでも笑顔を大切に

笑顔や小声でくすっと笑うだけでも不安感やイライラが和らぎます。

家族や友人とのつながりを大切にしましょう。

直接会うことはできなくても、電話やメール、手紙などで連絡を取り合いましょう。

感染症に関する情報を読み続けない。

感染症についての情報に触れすぎると、必要以上に不安や心配な気持ちを引きおこすかもしれません。

希望を持ち続けましょう

最悪の事態をずっと考え続けることは避け、ふだんの生活にあふれている幸せに目を向け、大切にしましょう。

ささいなことでも笑顔を大切に

笑顔や小声でくすっと笑うだけでも不安感やイライラが和らぎます。

こころの悩みにおける相談窓口一覧

新型コロナウイルス感染症の影響によるこころの悩みについて相談したいとき

新型コロナウイルス感染症関連SNS心の相談
受付時間

月曜日、火曜日、木曜日、金曜日、日曜日:17時~22時30分(22時まで受け付け)

水:11時~16時30分(16時まで受け付け)

ホームぺージ

新型コロナウイルス感染症関連SNS心の相談(外部サイトへリンク)

こころのほっとチャット【新型コロナ関連】
受付時間

12時~16時(16時まで受け付け)

ホームページ

こころのほっとチャット(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルス感染症関連心の電話相談
受付時間

18時~21時30分

電話番号

0120-556-338

こころの健康について相談したいとき

長崎こども・女性・障害者支援センター【こころの健康相談】

保健師・作業療法士・ケースワーカーなどが、面接や電話により、こころの悩みや問題を抱えている人のご相談を受けつけます。

受付時間

月~金:9時~17時45分(祝日および年末・年始を除く)

電話番号

095-846-5115

働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト【こころの耳】

職場のメンタルヘルスに関する情報提供をしています。また産業カウンセラーなどが、メール・電話・SNSにより、メンタルヘルス不調、過重労働により体調を崩したといった健康相談を受け付けます。

ホームページ

こころの耳(外部サイトへリンク)

生きづらさを感じるなどのさまざまな悩みについて相談したいとき

よりそいホットライン

どんなひとの、どんな悩みにもよりそって、一緒に解決できる方法を探します。

電話番号

0120-279-338

ホームページ

よりそいホットライン(外部サイトへリンク)

SNSなどによる相談

LINE(ライン)、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)などのSNSや電話を通じて、年齢や性別を問わず、「生きづらさを感じる」などのお悩みの相談を受け付けます。

ホームページ

相談先一覧(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課健康づくりグループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:171)

ファクス番号:0957-53-5572