ホーム > 市政情報 > 入札情報 > 入札・契約情報 > 解体工事に係る平成31・32年度入札参加資格の取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2018年9月25日

解体工事に係る平成31・32年度入札参加資格の取扱いについて

解体工事業に係る建設業法の許可の経過措置が平成31年5月31日で終了することに伴い、平成31年度以降の解体工事の発注および平成31・32年度の入札参加資格審査申請における解体工事の希望について次のとおり取り扱います。

解体工事の入札参加資格

平成31年4月1日以降に発注する解体工事の入札に参加するには、大村市入札参加資格者名簿(以下「名簿」という。)の「解体工事」に登録されていることが必要です。

解体工事の入札参加資格審査申請

平成31・32年度入札参加資格審査申請(平成30年12月~平成31年1月を予定)において、解体工事の入札参加資格を希望される方は、「解体工事業」の建設業許可を取得し、「解体」の経営事項審査を受けておく必要があります。

平成31・32年度入札参加資格審査申請時に解体工事業の建設業許可の写しおよび解体の経営事項審査結果通知書の写しの提出がない場合、平成31・32年度の名簿の解体工事に登録されません。

ただし、解体工事を希望する方について、次の臨時措置を実施します。

臨時措置の内容

平成31年3月29日(金曜日)まで解体工事業の建設業許可の写しおよび解体の経営事項審査結果通知書の写しの追加提出を認めることとし、追加提出があった場合、平成31・32年度の名簿に登録します。

また、平成31年4月1日から同年5月31日(解体工事業に係る経過措置期間終了日)までの期間においては、入札参加資格審査申請書変更届により解体工事の業種追加を認めることとします。その際、解体工事業の建設業許可の写しおよび解体の経営事項審査結果通知書の写しの添付が必要です。変更届の提出があった時点から平成31・32年度の名簿に登録します。

臨時措置期間経過後

平成31年6月1日以降は、解体工事の業種追加はできません。解体工事の入札参加を希望する場合は、平成32年度の入札参加資格審査申請時(平成32年1月予定)に業種追加の変更届を提出してください。

解体工事に係る平成31・32年度入札参加資格の取扱いについて(PDF:67KB)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財政部契約課工事・業務委託グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:238)

ファクス番号:0957-53-5297